読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ソルティライムシャーベット

小説とかライトノベルとか漫画とか邦楽とかの感想とか

亡国王の剣とスパイヒップ 1冊通しで感じる少年漫画のライブ感

☆☆☆☆ HJ文庫

亡国王の剣とスパイヒップ (HJ文庫)

亡国王の剣とスパイヒップ (HJ文庫)


読んでる最中、面白いのかつまらないのかあるいは、面白いところもあるしつまらないところもあるかとか少し悶々としてました。まぁ面白いんだけど。

読み終わって直後に思った事は、少年漫画連載中のライブ感をとても感じるなぁと。というのもまず行動言動が後々、矛盾する事。かと思ったら劇中にすぐにフォローを入れたりする。また、この作品を手に取ったときっかけがクールなアクション溢れたスパイもの。ハニートラップで敵を籠絡するお色気も含めてだったのだけれども読み終わっていや全然違うじゃんという事。尚、この全然違うじゃんは裏のあらすじと表紙のイラストを見て感じた事。作者の意図なのかはたまた編集サイドの意図なのかそうでないのかの判断は、読者である自分には分かりっこないけど、他作品と差別化するためにそうしたあらすじとイラストになったのでは無いのか?と感じる。作品本編とそういった付随するものの違いが作品の面白いポイントと齟齬を感じ、全然違うじゃんと感じる。そういったものから自分は、週刊連載の漫画が当初の予定やら行き当たりばったりやらでレールから逸れたりまたは修正したりするライブ感をこの作品1冊を通して感じた。

結構、物語としてはヒロインが可愛いとかザンボット3の人間爆弾を思い出すシーンがあったりとか、異能バトルとか、どちらの勢力も見方を変えた正義である?とか、お色気シーンとか、ラストの結末とか面白いと感じるシーンはあった。

けれども、序盤がとにかくひたすら読みにくく心から離れたとか、展開の細かい流れとか、主人公の性格が器のでかい人間を示すためなのか少しチグハグさというか底の見えなさ的なのがうまく働いてたり逆効果だったりしてるとことか、もう少し地の文で物語まわした方が読みやすいなとか、つまらないというかこじつけに近い不満を感じるところもあった。

だから最後まで読み終わって、つまらんのか面白いのか自分でも分からんくなった。けれども少年漫画のライブ感というワードが自分の心中にストンと降りてきた時、この作品が魅力的に感じるようになった。