読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ソルティライムシャーベット

小説とかライトノベルとか漫画とか邦楽とかの感想とか

城平京 名探偵に薔薇を 読みました

☆☆☆☆☆ 創元推理文庫

名探偵に薔薇を (創元推理文庫)

名探偵に薔薇を (創元推理文庫)

とても面白かった。二部構成。一部目では遅くに登場した名探偵瀬川みゆき。あれよあれよと事件を解決。二部目では語り部が名探偵の瀬川みゆきに語り部がバトンタッチ。この時点で容疑者から1人外れなおかつ物語上はそれはないだろうという流れを敢えてということで大体、犯人の予想がつく。

その自分が予想してた展開へとレールが続いていってからが本番。そっから群と面白くなった。誰が?より何故?に焦点をあて、主人公の過去とも物語が上手く接続していって何故か?が分からない。運命なんて信じない。苦さがもろに来るラスト。ラストの力強さで覆い隠してる主人公の弱さが寧ろ力強く感じる。確かに苦い終わり方だった。後味も悪いっちゃ悪い。けどなんでだろう、物語の終着までいって興奮が残る。ブラックコーヒーかっつーの。