ソルティライムシャーベット

小説とかライトノベルとか漫画とか邦楽とかの感想とか

偽る神のスナイパー 読みました

偽る神のスナイパー (ガガガ文庫)

偽る神のスナイパー (ガガガ文庫)

すごく面白いのかつまらないのか判断に困る。ってのが読み終わった直後に思った事。
物語の山場が沢山ある。30ページに1山場。エベレスト。チョモランマ。モンブラン。なので終始盛り上がりを意識しているのか、結局どこが一番盛り上がるの?最後の盛り上がりが逆に霞んでしまい。読むのが疲れた。文章も正直、読みにくいわけじゃないけれど、全然読むのが進まなかった。頭に入りにくい。この山場の乱立が自分にとっては、物語に入り込めなくした。どこを楽しめば良いのかわからんくなってきた。詰め込みすぎではなく、山場作り過ぎ。

かといってストーリー全体をみると面白い。世界観、設定は自分好み。というより少し失礼になるのかもしれないが、自分が子供の頃してた脳内漫画の設定をとても面白くとても洗練した内容っていうのが個人的な感想です。あぁ、子供の頃、頭で妄想してたもんがこんな面白くなるんだとぼんやり思ってた。

主人公の過去のトラウマを克服して前に進む過程を丁寧に書いてて、物語としては面白いと感じるが、それと並んで上記の通り、山場のありすぎとかの読み辛さで相殺されてくってのが最後まで読んで感じました。