ソルティライムシャーベット

小説とかライトノベルとか漫画とか邦楽とかの感想とか

渦森今日子は宇宙に期待しない。 少しどころでない不思議のジョシコーセーの少し不思議な日常

渦森今日子は宇宙に期待しない。 (新潮文庫nex)

渦森今日子は宇宙に期待しない。 (新潮文庫nex)

元気になれた。音楽も小説も漫画もラノベも映画もアニメも好きっちゃ好きだけど、それが生活とはイコールにならない。ノー、ノーミュージックノーライフ。けれど本読んで、音楽聞いて元気になれるまたはその逆も然りとかそのまた逆とか違うホーコーいっちゃったりでも心が動いたり踊ったりすんのってサイコーに楽しいね。レモンスカッシュ感覚なんてならなくていいし、鉄風、鋭くならなくったっていいし、君は人間洗浄機な誰かを求めなくたっていいっちゃ良いけど、やっぱりサイコーに楽しいもんを避けるのは勿体無い。と言うわけでとても面白かったです。と言いたかっただけなんです。popでcuteなんです。どんな人間であれpopでcuteと感じたら、そう感じたって良いじゃん。たまに接続するポエミーな文章が心地よいって思ったて良いし、少しどころでない不思議な宇宙人の渦森今日子さんが普通に少し不思議な宇宙探偵部で友達と楽しくジョシコーセーをエンジョイしてたって良いじゃんね?とも思う。登場人物は、どこかにいそうと思ったら、全然いねえだろこんな奴らに囲まれて優しく楽しく面白くわいのわいのエンジョイしたって、それに心踊ったりしたって良しじゃんね、とても面白いじゃんね!とアンコールわかしまくたって、カップヌードル食うためだけにケトルで湯を沸かしたりとかもしていいし。あー愉快だ楽しかった。別に少し不思議だけじゃなく、高校生活の楽しい青春も楽しかった。元気になったところで、明日も頑張るぞなんて気は朝起きたらパアァアっと消えてるというか恐らく今日のうちに消えてるだろうけれど、今は幸せだし元気になれたし、多分栄養ドリンコを飲むよかケンコー的だろうし、まぁ良いや。popでcuteは誰だって感じてそれを楽しんだって良いんよ。