ソルティライムシャーベット

小説とかライトノベルとか漫画とか邦楽とかの感想とか

異能バトルは日常系のなかで 11 チョウメタガソリッド

異能バトルは日常系のなかで11 (GA文庫)

異能バトルは日常系のなかで11 (GA文庫)

終始、メタがソリッドな内容だった。主人公が相模ってのがもちろん一番の理由だけど、メタにメタメタにされて(はじめの一歩のガッツでカッツンガッツンだをイメージ)、そん中で相模が変わっていき、なんかあの緩い日常系じゃねーの?な過去編も綺麗さっぱり解決。んでもって日常系と異能バトルが上手く連結。トリッキーとか変化球って言葉が確かに感じられる今回だけれど、それを上手く面白くしちゃうの作者、上手いなぁと。結構、気づけばクライマックスが止まらない感じの終わりだった。

目標達成まであと2冊