ソルティライムシャーベット

小説とかライトノベルとか漫画とか邦楽とかの感想とか

0.2ルクスの魔法の下で 読みました

0.2ルクスの魔法の下で (GA文庫)

0.2ルクスの魔法の下で (GA文庫)

これは賛否両論分かれるというより、読んで賛もありゃ否も出てくるような作品と感じる。また、物語の終わりぎわにとりあえず肩透かしはくらうと思う。プラスに働くかマイナスに働くかはともかく。自分はどちらかというとプラスに働いた。良い意味での馬鹿馬鹿しさが出てる。けれどもはぁ!?そんなんでいいの?主人公の能力とかの回収は?けれども良いのか世界の意思があるから。そう世界の意思で片付ける強引な展開。かと思ったら、結構良い感じに綺麗にまとまるラストは世界の意思じゃなく作者の終わりよければ全て良しみたいなカタチで終わらせたから。まぁ正直、めっちゃ面白かった!最高とまではいかないけれど、ブチ切れる程のつまらなさもない。かといって普通だったって感想は似つかわしくない。良い意味で捻くれが効いてるストーリーだと思う。

目標達成まであと4冊