ソルティライムシャーベット

小説とかライトノベルとか漫画とか邦楽とかの感想とか

平家さんと兎の首事件 読みました


おんもしろいです。

読み始めは、平家の霊である平家さんのべしゃりが取っ付きにくいのやら表現も冗長で、この作者にしてはあまり面白くないしかったるいなぁって感じ、しばらく途中で止めて積んであった。kindleなのに積み。塩漬け。

んで久々にkindle開いたらすげえ積んである本があるなと、とりあえず読みかけのヤツから切り崩すかと思ったら、クルッとひっくり返ってめちゃんこ面白く最後までイッキ読み。読書はコンディション。

何が面白かったかと言われたら比喩とかの表現やら平家さんのべしゃりなんで、最初かったるいなぁと思ってた自分と読むの再開した自分が全くの逆。自分は自分のまま。だけれども読書はコンディション。

ラップ好きな女の子との一夏の青春。サイコーなんじゃないかな。