ソルティライムシャーベット

小説とかライトノベルとか漫画とか邦楽とかの感想とか

俺を好きなのはお前だけかよ 2 飛び道具抜きでも面白い

キャラ良しメタ良しパロ良し何より主軸のラブとコメも最高に面白いからそしてカーチャンのおまけというかご褒美ありがとうございますだから続いてけ!続いてけ!!みたいなとても面白い2巻めでした。

前回、主人公とヒロインに飛び道具というか秘密兵器というかまあ物語の最高なスパイスを存分に出しきっての2巻めだから、どうなるよ?と思ってたのが正直なところだったんだけど、そんな要らん不安をぶっ飛ばす面白さでした。

1巻でお互いの秘密が暴かれたジョーロとパンジー何だけれどもそれで終わる事なく、必死にジョーロが痩せ我慢してくれたおかげで今回もまだ分からんぜよなラブコメ展開が続いて面白い。そんなラブコメ主人公のメタも面白い。

1巻でわりかしツミな状況のサンちゃんや会長やらひまわりとも意外と早目に和解し、和気藹々とラブコメるのは読んでて面白いし、またそれをラストの展開と絡めるの上手い。

1巻でストレスフルだった前半のジョーロの性格も暴かれてるからキャラの掛け合いも面白いし、新キャラの投入まあ面白い。津軽。1巻を読み終えてからだから、この主人公ジョーロの不器用かつ思いやりある性格だと分かってるから安心感みたいなのもあって物語を楽しめた。ゲスな部分も正直に友達への思いやりも正直なジョーロは魅力あるヒロイン達と同じくらい好感持てるキャラ。

正ヒロインポジションのパンジーはもちろんの事、わりかしスポットライトに当たったコスモス会長も良かった。特に後半の推理ショーはコスモス会長なのがしっくりくる。ちゃんとキャラの性格が分かりやすくこのキャラがこの役割を果たすっていうのがとってもしっくりくるのとてもフェイバリット。

ラストはもちろん気になるカタチで次巻に繋げてきたけど、まぁ突然串カツ屋のニーチャンを描写してるシーンがあって、あっこりゃ絶対出すなと思ったらこの巻で出してきた。わたしゃラノベでイケメンとか中性的とかはもう伏線に思えてなりません。

何よりカーチャンよ、カーチャン。

とても面白いシリーズだわ。