読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ソルティライムシャーベット

小説とかライトノベルとか漫画とか邦楽とかの感想とか

雑な語り克服論(ほぼほぼライトノベルの話です)

きまぐれ

ハイライトブルーと少女 (講談社BOX)

ハイライトブルーと少女 (講談社BOX)



テンプレ。頭空っぽ。粗製乱造。○○ばかりの最近のラノベとは違う。ラノベと純文学(私は何が純文学なのかイマイチ理解できてない)を比較し、嘲る。

って言葉をインターネッツで見るたびに、あんまりよく読んで無い層が土足で踏み込んで荒らしてくなんて、ひでえじゃんね……と思ってたりしてたんですけど、最近、一般小説(守りに入るために補足しますが、とりあえずラノベ以外の小説)を連続で読んでて脳みそ疲れて(私は読書家と宣われる程、本を読んでないのですが低コストかつ長く時間を潰せるということでラノベ含む小説をそれなりには読む)、あー疲れたから頭空っぽで読めるテンプレな作品を読みたいなぁと思い手に取ったのがライトノベルだった。

読み終わってハッと気づいたんだが、うわぁ自分、ライトノベルを批判してる人をみて、勝手に被害者みたいな面してたけれども思ってる事同じじゃんね。とドン引き。

まぁんな事もあって、そのネットでみる批判嘲り嘲笑に対して、いやいやそーゆーの以外もあるじゃんね酷いじゃんねって思うより寧ろそんな言葉をプラスにするってゆーとそんな意識高くもできないけれども、まあそう言うところも面白いとこじゃんね良いとこじゃんね?ライトノベルの。と思った方が良いじゃないのかなかぁと。思ってみたりしてました。

テンプレって物語、設定、文章、登場人物何に対してのテンプレかでも変わると思うけれど、ある程度他作品とその何かが共有できてた方が違うもん読む時に入りやすいと思うし、別に良いじゃんねとも思うし。

まぁ逆に他作品と違う尖った何かがある作品もそりゃ個性があって面白いとは思うけれど、テンプレっつったて、まんま全てが同じって訳もないだろうし。


頭空っぽに読めるってのもそれ程特に身構えること無く、自然体で読めるって事で良いじゃんねとも思うし。(読書すんのに身構えるとか自然体とかどんだけなんだよ、どんだけ立ち向かおうとしてんだよって自分で書いておいて思ったけれど、読書はコンディションだと思ってるので、コンディションの閾値が低くてもいけるんじゃね?それって良いんじゃね?とも思った)。スコンと落ちてくる。


○○ばかりもライトノベル○○とは違ったもライトノベル。どっちも楽しめるって良いんじゃね?つか違ったヤツもあるって事は多様化してるんじゃ?とも今思った。

ラノベと純文学は違う。そりゃ純文学というのは高尚であるものかもしれない。ライトノベルはそれに劣るかもしれない。アニメかなんかでも高級なもん上品なもんばかりを食べてるお嬢様みてーのがなんかハンバーガーとか食べて美味しいみたいなんあるし、まぁそーゆー事もあるから別に良いんじゃね。まぁわたしゃ高級なもん食べたい。牡蠣。


まぁぶっちゃけ知らない人間が雑に語るってわりかしある事だと思うし、自分もたぶんよくやりがちだし、言っている事が的をついてると思わんまでもその雑な批判を思われる要素もあると思うし。そういった批判嘲られるところもライトノベル面白いの一つと思った方が読書のコンディションも良くなるんじゃないかなと。克服して幸福なんです。

まぁ話変わるがオタクは自分の好きなものを知らない人間に丁寧に教えるもんだとか初心者には優しいとかオタクである事が善玉みたいな語りをする人はどーよ?って思うけれども、作品を介して嫉妬怒りイラ立ちをするオタクも勿論いるだろうしそーゆー人達は違うんかいと思っちゃったりする。

ポンパッ!チリパッハ!!