ソルティライムシャーベット

小説とかライトノベルとか漫画とか邦楽とかの感想とか

妹さえいればいい。ただそれだけで

群像劇に新規参加の新人漫画家。最初は互いに妹萌えで主人公と意気投合するもあれよあれよと変にめんどい方向へと進んでく。軽やかにに面白く。かと思ったら前回のあっつい伊月さんで〆た煽りで火照るカニさんもこれまた可愛い。妹さえいればいい。タイトルの通りの伏線にラストは少し不穏なものを感じつつ、京さんを始めキャラの小さい心の動きを読むのも楽しい。今回も面白い物語でした。