ソルティライムシャーベット

小説とかライトノベルとか漫画とか邦楽とかの感想とか

イレギュラーズリベリオン 3 読みました

イレギュラーズ・リベリオン 3.偽りの姫君 (GA文庫)

イレギュラーズ・リベリオン 3.偽りの姫君 (GA文庫)

面白い。だけど微妙だわが正直な感想。ちょっと散漫な印象を受けた。リースの再登場つか正体が分かり、リースの過去も明るみになったりと結構キーを握る内容を含んだわりにはアッサリしてた。ラブコメなところもなんかこう大きな盛り上がりもなくアッサリ。過去のチーム再結成やら何やらももう少しドラマチックになるもんかと思ってたけど、なんかアッサリ。前回は登場人物が多いけれど見せ場を与えてたけど、この巻は登場人物の多さがより散漫な印象を強くした。あと一番の不満は、下衆なキャラクターの描き方の引き出し少なすぎ。結構物語に下衆なキャラクターが出てくるけど、どれも同じ印象を受ける。本当に下衆であるっていう働きしか感じられず、こうなんつーかとりあえず物語動かすために置いてきた添えてきた。左手は添えるだけ。

しかしまぁ読みやすさも面白さもそこそこでまぁつまらんて印象はないんだよなぁ。