読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ソルティライムシャーベット

小説とかライトノベルとか漫画とか邦楽とかの感想とか

雨の日も神様と相撲を 読みました

爽やかさが半端ない。そして主人公の鈍感力が半端ない。カエルの神様に相撲を教える話。女の子とカエルと話してるのは、どうも緩くてそれに頭を抱える主人公とかはとても微笑ましいなぁと思って読んでたんだけど、まさかそこもキッチリ回収するとは。相撲に対して妥協はしないけど、両親を失いどことなく達観してるのか諦観しているのか冷めた感じの主人公。そんな主人公が体格に恵まれず相撲に適しているとはいえないのに相撲をしていた事の存在意義。あそこの場面は女の子 真夏じゃないけど、とても良いわぁ。とても良いわぁ。殺人事件のオチも良いわぁ。とてもヒヤリとするわぁ。この物語は、色んなもんが詰め込まれてるけど、フィクションの田舎の緩やかな感じ物語で進行しているから、とても爽やかな読後感をめちゃんこ楽しめました。ノンフィクションの田舎は緩やかなんがじゃ、決してねーよ。面白かったです。