読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ソルティライムシャーベット

小説とかライトノベルとか漫画とか邦楽とかの感想とか

アルカナナラティブ 読みました

☆☆☆☆ ファミ通文庫

読み始めは、おいおい出だしからルルーシュみてーのがボコボコにされてんよ。読み終わりは、なんかもう一歩こっち来て欲しいんだよなぁという感じ。
というのもルルーシュみてーのをボコボコにする出だしは物語の山場を最初にみせてるんだけど、以外と読み終わってみるとそこがあんまり。小物すぎじゃんで収束してる。そのルルーシュみてーなキャラが小物なんだけど、ただ虐められてたから見返してやるんだぁてのか動機なんだけど、別にそれでいいんだけど、もっと下衆にするなりしてくれた方が解決するときのスッキリ感が増して物語も良い感じでしめられたのでは?と考えてしまう。要は一番の見せ場のシーンを最初に置くなら、そこに行くまでの過程をもう少し面白い肉づけして欲しい。ルルーシュみてーのがボコボコにされてんなぁからのルルーシュみてーのなんかしょーもなくダサい小物だったなぁで話しがゴールしちゃった。

まぁそこは置いといて。物語としては、まぁ面白い。タロットカードになぞった能力を持つ登場人物。過去のコンプレックスが能力に起因する。過去が影響で嘘をつく事を恐れる主人公。そんな主人公は嘘をつくのに適した能力。ヒロインを始め、周りの人たちと心通わす事で少しずつ前へと進んでく。なんと言うかシンプルな感じがするんだけど、そんな物語は好感です。

けどなぁ。ルルーシュみてーのがなぁ。あいつをどうにかして欲しいよなぁ。