読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ソルティライムシャーベット

小説とかライトノベルとか漫画とか邦楽とかの感想とか

トリックスターズ 読みました

☆☆☆☆☆ MW文庫

すんごい面白かった。

ただ一つ言えるのは嘘で満ちてた展開なんだけど、一番最後の嘘が明かされたのは本当にモロバレだから。というか自分は逆にこれしか絶対そうだろう、これはよぉと文章を疑いました。ヒントという名の餌をばら撒きすぎ。もしかして電撃版では先生が女性という設定だというのも加味してのトリックなんすかね?MW版が初読の自分にしては、絶対そうなんだろう、おい。いつ明かすんよ?と思ってたんで。あまり他作品と比較して優劣を言うのはあまりよろしくないけど、消失ディストーションを読んだときよりわかりやすいヒントという名の餌をばら撒きすぎ。

まぁそれは置いといて。舞台は魔術が学問と認知された世界。作中にこれは魔術でできないとか音楽のようなものであるとか魔術、魔学の設定を説明しているけど、どっからどこまでできてどっからどこまでできないのか?ってところは細かく明かされてないのがこの物語の面白みであると感じました。
さらに途中で出てくる推理もあり、これは魔術できるんかできないんかとかこの文章は嘘か真実なんかと物語の真実がどこに行き着くのか分からず、そこに夢中にさせられた。

結末としては、トンデモなんだけれどその魔術魔学でこれはできるのかできないんか、これは魔術魔学でやったんかやらなかったんかってと気になりつつ読んでたので、トンデモな結末でもストンと落ちたスコンと落ちた。大変面白かったです。