読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ソルティライムシャーベット

小説とかライトノベルとか漫画とか邦楽とかの感想とか

柚木麻子 ナイルパーチの女子会 すごくものすごく面白い傑作だと思うのですが

☆☆☆☆☆ 文藝春秋

ナイルパーチの女子会

ナイルパーチの女子会

あー頭がぐちゃぐちゃする。すごくぐちゃぐちゃするんだ。なんちゅーもんを手にとってしまったと。読んでる最中ずっと心抉られるとはまたスナック感覚な言葉なんだけど、読むのが辛くて止めたい、けどこの物語がどのように終わりを迎えるか早く見届けたいとページを捲るのが止まらない。と思ってたらあまりに心が奥の奥の奥のどっかが持ってかれるような感覚があって、こりゃとてもまずい事になりそうだと一旦読むの止めて明るいポップな話に手をつけた。かと思って一夜明けたら読みたい読みたい早く続きを読みたいとこの作品を欲していた。それで読み終わったら今までの辛さが物語の主人公たちと同じように少し晴れ、ストンと終わりを楽しめた。物語の余韻を楽しむのではなく、この物語のを終わりをストンと終わらす事を終わりを見届ける事ができた。こんなに読むの辛いと途中で思っててラストはストンと終わる。はあ。こんな読書体験は、自分が今まで読んできた作品では珍しい。すごく大好きな作品でした。けどもう一度この作品には触れたくないな。大切なんだけど触れたくないなとこの作品には感じました。

主人公は二人。総合商社に勤めていてなに不自由ない環境で育った美人やり手OLのエリコ。

そしてエリコがよく見ているブログ主でだらだらした生活をブログで綴っているショウコ。

お互いに友達がおらず。人間関係が不器用である。ショウコだったら本当の友達になれると思いエリコがコンタクトする事で物語がスタートする。この人だったら友達になれると。

そして今までの人生で同性の友人関係をうまく作れなかったエリコ。過去の失敗はもうしない。ちゃんとした友人関係を構築しようと必死にもがく事で段々ショウコへの対応がエスカレートしていく。

まずこの作品を読んでずっと感じてたのがエリコとショウコの二人の語り部となる主人公。お互いは別の人種みたいな目で見ているのだけれど。かなり人間的に近いなと強く感じた。それは後半の展開でお互いが気づくことになるんだけど。

後、エリコがショウコへの扱いがエスカレートしていってストーカーまがいになって完璧を目指しているのにとても歪な関係になっていくんだけど。自分はそれを異常な人間って一括りに見る事が出来なかった。というのもエリコは自尊心が高く、自分を上に置いて他者を下に見る人間であり、過去の友人を失った事を10数年経っても忘れらず人ととの付き合いに怯える。大人になっても大人になりきれない幼いところが。そういった人間ぽさ?と言えばいいのかな。そういった部分を書く事で異常な人間て手軽なラベリングができない。ただ不器用で拗らせてるだけの人間に思えてならない。確かにかなりショウコへの扱いは異常だしもちろんフィクションなんだけど、こういった性格なら起こしかねねーなと思えてしまう。

ショウコの方も普段はだらだらと過ごしていて結婚もしているんだけど、他人への興味よりも自分を注目されたい。自分を大切にされたいという気持ちが強く。ブログが注目され書籍化されて交流が広がった時に、そしてエリコに自分を抉る言葉を言われた時に他人にもっと自分を認めてもらいたいと先輩ブロガーに触発されてブログの内容もだらだらしたのから少し意識高い内容に変える。他人への想いよりも自分をもっとよく見られたいと自意識が高い。似てるんだよなぁ。エリコとショウコ。根本なところが。

なんというかこの物語はどんどん破綻していく物語というより、既に破綻していたのがやっとこさ明るみ出たって感じるんだよなぁ。特にエリコの職場で派遣社員をしている真織が本性を出してきたあたりでその破綻をコーティングしていたメッキがぺりぺりと剥がれ始めどう終わらせるのか。どうこの不器用な人間たちが物語を占めるのかとても気になり。この作品に自分の心が取り憑かれた。男の前ではちやほやされる事でしか自分の女な部分でしか自分を社会で存在させる事しかできない人間と。エリコは真織を下に見ていたんだけど、そっからの獰猛な反撃。自分の心の柔らかい部分を攻められ歪に真織に依存し始めるエリコ。こっから自分はそれまでの展開以上に物語に緊張感が強くなり、目を背けたいと強く思い。けど読むのがやめられませんでした。本当にリアルに現実に手に汗握った。これで寿司握ったら衛生上よくないんだろう。そして10年も修行してないからしっかり握れんないだろう、寿司。と思いました

そっからエリコはさらにさらにショウコと完璧な友情を目指し始めるんだけど。お互いが近づけない。全然関係を埋められない事で。互いが交わってないと気づき始める。それでエリコは自分があまりに醜く変貌している事に失望しそれをちゃんと注告してくれないショウコにさらに失望し、二人の関係は終わる。

その後、エリコとショウコはお互い1人になって自分の家族と近づく事で、自分を知りそれでも懸命に生きていくってオチに繋がるんだけど。そこ。本当に素晴らしいね。ショウコは自分と近いものを持ってるもの父親にある言葉を告げ前へと進む。エリコは昔失った友人である圭子と少し心が繋がりそしてまた切れる事で1人でも他人と分かり合えなくても生きていく。この物語の素晴らしい〆方だと。とても面白かったと強く感じました。

主人公のエリコとショウコその周りの人間も心の弱さを強めに描いてるだけであってとても人間らしさを感じた。唯一真織だけは物語を押し進めるために過剰なキャラクターにしすぎて人間ぽさを感じ無かった。

人にはあまり勧められないけど、ナイルパーチの女子会は間違いなく大傑作と自分は思いました。