ソルティライムシャーベット

小説とかライトノベルとか漫画とか邦楽とかの感想とか

灰と幻想のグリムガル 7 あまりに夢中になりすぎてシャワーだけで済ませました。

灰と幻想のグリムガル level.7 彼方の虹 (オーバーラップ文庫)

灰と幻想のグリムガル level.7 彼方の虹 (オーバーラップ文庫)


すごくシリーズ中でもかなり面白い巻でした。すげえ広がる。まだ拡がるのかこの世界は物語は。

前巻の最強キャラが結集してかなり派手な展開からガラリと変わり、ハルヒロ達パーティの面々がメインとなって物語が進む。

この巻は、今までに積み重ねてきた仲間の絆が明確になりかなり心が動かされた。ランタとユキのなんかんの互いを大切にする描写。素直じゃないけど。ハルヒロとシホルの会話。特にランタとハルヒロ自身を天秤にかけ、自分を犠牲にする事を厭わないと即答したハルヒロ。クザクとハルヒロの会話。お互いが踏み込めないところを明かして深まっていく。心。クザクとメリイの煮え切らないアレ。アレ。答えが出た。ハルヒロとメリイ。なんかんの通じ合ってる。大切に想ってる。一人一人がみんなを。物語の積み重ねで関係というか想いが少しずつ変わってる。そして深まってる。とても良いとても面白い。他のトッキーズとかとわいわいして中間管理職っぽいハルヒロも良いけど、この仲間達と苦難を乗り越えるの好き。こーゆーの大好き。スゴく大好き。

違う世界でも義勇兵として淡々と積み重ねて少しずつ進んでるのか戻ってるのか迷走してるのか瞑想してるのか分からんけどとりあえず進むみたいなの。グリムガルってシリーズのマイフェイバリット部分です。POINT。


んで知らない世界で出会った唯一のグリムガルから来たベテラン義勇兵ウンジョーさんとの出会い。グリムガルに戻る事を自身が諦めてるが最後にハルヒロ達に残した言葉。たまらん。こーゆー時に自分はたまらんって言いたいの。そうなんです。たまらんかったです。あの後、ピタッと出ないのも会いに行くのを躊躇うハルヒロも。そーゆーところ。たまらん。

本当に右も左も分からない新世界で仲間と踏ん張り、グリムガルに帰る心を折られそうになっても帰りたい。そして頑張る。自分のミスで仲間を危険にさらしたり焦ったりしても一人になっても仲間に会いたいと渇望して道を切り開くの動きます。そして踊ります。心が。血湧き肉躍る事はございません。単純にココロオドル。enjoy。

元の世界。この世界が何なのさ?ってのも散りばめられながら少しずつ見えてきたのも面白い。

次はどうゆう冒険すんのさ!もっと読ませてよ。もっと楽しみたいよ。早く読みたいよ。出来ればもう少し他の登場人物を抑え目にしてこの6人だけの冒険をも少し読みたい。やめられないとまらないのはかっぱえびせんだけじゃないし、というかかっぱえびせんはやめられるし止められる、自分は。けどグリムガル読むのはやめたくないし止めたくない。