ソルティライムシャーベット

小説とかライトノベルとか漫画とか邦楽とかの感想とか

葉桜の季節に君を想うということ 読みました

葉桜の季節に君を想うということ (文春文庫)

葉桜の季節に君を想うということ (文春文庫)

うーんやられた。こーゆータイプのミステリを読むと途中からよもや?とかだろうなとは思ってたみたいな負け惜しみに近い言葉を吐き捨てるというか実際そうなんだけど、これはえぇ!?そうなのと完璧にしてやられた。確かに思い返せば、あれが伏線?いやだけどそれを伏線!?みたいに想いが錯綜しました。やられたわぁ。

というのも全ての事象が帰結すると思って読んでて、時系列がバラバラの物語が集約するのかと思ったらそうではなく、これとこれはベッコナンカイとそこにやられたと思う。

面白いです。