ソルティライムシャーベット

小説とかライトノベルとか漫画とか邦楽とかの感想とか

イキシアノ戦物語 読みました

てめえらイチャつくためにお互いの部下がしんだりしてんだぞ。中盤の両陣営での会話で話進めるシーンが長くダレる。主人公とヒロイン以外の両勢力もなんだかんだ、仲よさげなほのぼのシーンで〆られると緊張感がなくなる。この智と武の戦いは、武が圧倒的すぎるので、どんなピンチになっても主人公が大暴れすりゃ解決してイチャコラするのワンパターンになるんじゃ?と危惧してる。

というのが、この作品読んで生まれた負の感情。

以外、面白かった事。

中盤の会話劇は長いしダレ気味になると前述したが、しかしそれだけれどもたのしませる台詞まわしとイチャコラ具合が良かった。

というかもうイチャコラだわ。この作品はイチャコラ具合を楽しめなかったら、そうとうキツいと思うんだが。イチャコラを楽しめないと物語に入り込めない。まぁそことても面白かったんですけど。

想いは通じ合ってるけど戦わなきゃいけない。というか想いを通じあわせるために戦う。好きな人と戦わなきゃいけないという設定に悲劇と感じさせないのは面白いなぁ。悲恋にも悲劇にもさせない二人の戦い。期待しちゃう。