ソルティライムシャーベット

小説とかライトノベルとか漫画とか邦楽とかの感想とか

龍ヶ嬢七々々の埋蔵金 10 読みました

龍ヶ嬢七々々の埋蔵金10 (ファミ通文庫)

龍ヶ嬢七々々の埋蔵金10 (ファミ通文庫)

あっすごく今回も面白いな。とこの作品は毎回楽しませてくれる安心感あるシリーズだわ。とても面白かったです。

今回は、あとがきにも書かれていたけれども嫉妬という感情が表立ってでた巻だった。この嫉妬のパターンも色んなキャラが色んなキャラに向けての嫉妬で、各登場人物の心情と関係の深堀及び、変化に繋がっていくの。うまいなぁ。

あと前巻からの追加のクノンとユリシーズの二人もいいキャラしてて、彩り。

んでラストのヒキは、こんなんねぇ続きが気になってたまらんくなるでしょ。

今回は、バトルとかコレクション探しとかは無しで第二部を始めるにあたって土台作りみたいな印象。だったけど面白い。主人公 ジュウゴがどんだけ引っ掻き回して目的に辿り着けるのか?他の勢力も色々と動き始め、その目的に辿り着くのも難解そう。どんな厳しい局面を乗り越えるのか期待。

あと、この作品のどんでん返し的なヤツ。実は主人公が裏でこう動いてましたって同じみっていってもいいくらいパターンとなってるのだけれど、それを飽きさせない作者の構成力は凄いなぁと感心してしまいます。毎回似た感じなのに毎回面白い。