ソルティライムシャーベット

小説とかライトノベルとか漫画とか邦楽とかの感想とか

TOY JOY POP 読みました

TOY  JOY  POP (HJ文庫)

TOY JOY POP (HJ文庫)



面白かったです。暗黒ライトノベル何なのさって想いがあり、され竜をいつかは読んでみようと尻込みしてたのですが、初めて浅井ラボさんの作品に手をつけられました。

売春とかやってるあたりまでは、ふーんと感じて読んでたのですが、関節ババアという生ける都市伝説と路上バトルやり始めたあたりから、かなり面白さが上がった。ホーリーランドでも路上で柔道とかは厳しいって話を思い出したけど、よくよく考えてみたらあっちは投げ技で下がコンクリだから危ないって話で、こっちとは違うなぁとこっち寝技つーか関節技だし。

暗黒とは?何なんなさ?とかは、最後までいくとどーでもよくなってきた。爽やかさは、さすがに感じないけど、なんのかんの後味の悪さは感じない終わり方だったし面白かった。

けど、女子高生が売春をやるのはイマドキの女の子って感じで片付け方をしてて、イマドキなの?けど刊行されてから10年近く経ってるし、その時のイマドキだったのかも?いやぁあ……という所に少しぼんやり