ソルティライムシャーベット

小説とかライトノベルとか漫画とか邦楽とかの感想とか

星野智幸 呪文 読みました

呪文

呪文

商店街の物語が商店街の物語で終わってる。暗躍や洗脳があろうと商店街の話だった。スケールが小さい物語がスケールが小さいまま終わってる。凄い事だと思うし、凄い事だと思う。集団自殺。クズやクソと呪文のように繋げられる罵倒の言葉。そういった事。どんな大きな流れにも争わなけれぼならないという言葉。そういったメッセージを物語の中に幾度となく投げかける。クレーマーときっぱりと対立する事から物語が始まり、その流れが商店街に影響され、そして街づくり世直しへと流れるが結局は、商店街の物語という枠組みの中。凄いと思う。この商店街の物語の中で色んなものを詰める事が。

これは面白い。