ソルティライムシャーベット

小説とかライトノベルとか漫画とか邦楽とかの感想とか

乾くるみ イニシエーションラブ 読みました

イニシエーション・ラブ (文春文庫)

イニシエーション・ラブ (文春文庫)

ふと本屋で平積みされてるのを見つけて、あれ読んだよな?そうだよな?とページを捲り、裏表紙のあらすじを眺め、読んだっけ?もしかして読んでないかも?確か昔ミステリーとかあんま読んでなかったから、クソミソに的はずれな批判をした記憶があるんだけど、どうしても読んだかどうかに自信持てない。そんで買いました。

Aサイドの話を読んでる時は、やっぱり読んでないなこれと思ってたのですが、Bサイドに入りはじめてから、あれ?なんかデジャブが?と思い、最後までいって自分が過去読んだことある事に確信持てました。

さて話の内容なのですが、先に言った通り当時は、クソミソに批判的な事を言ってた記憶があるのですが、改めてラストまで読むとよく作られてんなぁと思いました。トリックに関しては、ハッキリと理解はしてなかったのですが、途中、初体験時の繭子の嘘臭さから、読み進めてひょっとしたらとは思いました。なにがどういう風な時系列になってるのかが読み終わってもハッキリしてなかったので、ネットでイニシエーションラブ 時系列と検索したら、ソッコーで自分が知りたい内容が分かりました。ネット社会の恩恵。
ここで物語の詳細がハッキリクッキリスッキリ分かって、自分が読み終わった時よりも、この作品はよくできてるなぁという事を知る事が出来ました。いやぁ考えられてる。

物語としても2人の恋人としての通過儀礼というのがとても感じ、後味は悪くないビターな恋愛ものであると自分は思いました。