ソルティライムシャーベット

小説とかライトノベルとか漫画とか邦楽とかの感想とか

僕は友達が少ない 11 なんだかんだで面白い青春小説だったなとラブコメを楽しんでた自分が浄化されたような終わりだった


いや、本当に表題のような気持ちで良い余韻を残して物語が終わって、晴れやかな気持ちになりました。爽やか。静岡 ハンバーグ。

序盤は、誰と付き合うんだよ、このハーレムな環境でとラブコメ部分を楽しんでたのですが、巻数を重ねるごとに残念さという魅力がどんどん全てのキャラクターにきわだってきて、むしろこいつらの中で、誰かと誰かが付き合うって無いよなぁとも思えてきた。まぁ起点は、理科との喧嘩だけどトドメは夜空とセナの友情にケリがつく10巻。だから、10巻の終わりでは、おいマジかよ!ここでまたラブコメやるんかよ、最高じゃねーかよと、テンションが上がった記憶。んで最終巻では、ラブコメしないんかよっていうヤキモキは特になく、隣人部メンバーらしい楽しい青春もので終わった事に、気持ちのいい余韻が残った。

全ての事に決着ついたかどうかはともかく、登場人物の関係が片付いて良かった思う。特に上でも書いたけど、こいつとは、どうやって恋仲になるんだよの筆頭にいた夜空との決着は、そうだよなぁとそうなるよなぁと思えた。それぐらい各キャラクターの魅力が深掘りしてて、このキャラクターならこうするの不自然じゃないなって思えた。

あと、ガガガで出してる新作のキャラが、ゲスト出演ぽくなってるところは、おぉと思えた。

とても楽しい面白いエピローグだった。最後まで追えて良かったと思えるシリーズだった。ありがとうございました。