ソルティライムシャーベット

小説とかライトノベルとか漫画とか邦楽とかの感想とか

ライトノベル あとがきを必ず読んでしまう作家さん

あとがき読まない時もあるけど、この3人の作家さんはどうしても読んでしまう。読んでて楽しいんだもん

野村美月さん

とても文章を書を書きたい。新しい物語をつくりたいってのが、凄く感じる。やる気になる。色々苦労されてるとは思うけども、それ以上にバイタリティーを感じる。後、編集者の方に対してもとても配慮されてるなぁとも感じる

林トモアキさん

あとがきか作中か自信なくなってきたけど、金がなくて漫画より時間を潰せるからライトノベル読み始めたみたいなのは、とても共感できた。後、禁煙の話。ストパンにどハマりしてるあとがきは、楽しさが伝わる。編集者とのくだりも笑ってしまう。

竹井10日さん

東京皇帝☆北条恋歌13 (角川スニーカー文庫)

東京皇帝☆北条恋歌13 (角川スニーカー文庫)

作中と同じくらいハイテンションなあとがきは、もはやあとがきまでが作品の一つともたまに思える。ていうのは言い過ぎかな?