ソルティライムシャーベット

小説とかライトノベルとか漫画とか邦楽とかの感想とか

何が嫌いかより何が好きかで語るの難しい

難しい。好きなもんのどこが好きなのかを言葉にするのすごく難しい。嫌いなもんなら、たぶん難くせもあるんだけど、ツラツラだせるのに。んで嫌いな作品の嫌いなところが好きな作品の好きなところでもあるので、一体俺は何が好きなのか、どう好きなのかってのが自信なくなる時がよくある。大抵のものが面白いと思うのにつながる事とこれは繋がってると思う。いつもこの事を考えるときサカナクションアイデンティティーの歌詞が頭をよぎる。

ツギハギ漂流作家 3 (ジャンプコミックス)

ツギハギ漂流作家 3 (ジャンプコミックス)