ソルティライムシャーベット

小説とかライトノベルとか漫画とか邦楽とかの感想とか

読書はコンディション

絶対面白いと分かってる作品って逆に読む気が起きない時がある。

読んだら間違いなく、テンションマックスになるくらい面白いはずなのに。読む前から分かってるのに。

読書はコンディション。

けどいつか読むはずだから、ふと手にする迄待とうという想いもある。

今、それにおちいってるのがテスタメントシュピーゲル2巻。

あんな出る前は、いつだよって想い続けて、Kindleの連載も書籍化するまで我慢してたのに。

読みたいという想いはすごく、早く読まなきゃという謎の強迫観念みたいなんがあるんに、読む気が起きなくてどうしても手に取れない。

待つしかない。そういうコンディションになるまで