ソルティライムシャーベット

小説とかライトノベルとか漫画とか邦楽とかの感想とか

新約とある魔術の禁書目録 13 読みました

巻数ごと、出てくる登場人物で面白さがバラつくな。それも長期シリーズで多数の登場人物が出てくるこの作品の魅力ではあると思うけど。
幻想殺し、珍しく使わねーなと思ったら、ちゃんと説明してて何故かホットした。

最後に出てきた上条さんと対になる新キャラが出てきて、やっとこのシリーズが物語を畳むそぶりを見れた。

今回の御坂もそうだったけど、科学陣営がいつもなあなあで騒動に巻き込まれるけど、いい加減ボンヤリとじゃなくしっかり説明してやれよって思う。

御坂も守られるじゃなく並び立つ存在でいたい。けど遠すぎる存在っての、いつかやるんだろうなぁと思ってたけど、今回やってくれた。