ソルティライムシャーベット

小説とかライトノベルとか漫画とか邦楽とかの感想とか

2015年度上期 面白かったライトノベル~新作編~ 10選

かきます。今回は、好きなライトノベルを投票しようの投票も兼用でやります。というのも今回は、新作で全て投票しようと思ったから。既存もので追っているのが固定されてきて変わり映えしないなぁと思ったのと、新作を応援したいという想いから。

 

ジョーカーズ! 【15上期ラノベ投票/9784086310550】

 

ジョーカーズ! (ダッシュエックス文庫)

ジョーカーズ! (ダッシュエックス文庫)

 

 ユーチューバーが人気出れば出る程、異能が強化される設定が面白い、その面白を存分に物語に利用しているのもオリジナリティがあって好き。なのに物語の運びは、努力して敗北してそれから立ち上がって大切な人を助けるっていう王道的なものであるから、本当に大好き。あと、ギャルで一途なヒロインの一人である幼なじみが個人的すごく好きです。

 

②東京侵域:クローズドエデン 01.Enemy of Mankind(上) 【15上期ラノベ投票/9784041025680】

 

 

 まだ上巻との事であり、物語としてもこれからな所でこの巻は終わるのだけど、この巻でテンションマックスになるくらい面白い。怒涛な展開。絶望的な状況。膨らむ謎。はらはらどきどきわくわくひやひや。刃牙が自分でアドレナリンを高められるけど、自分もこれを読めば、それできるなと思った。思ったんだ。

 

③黒崎麻由の瞳に映る美しい世界 【15上期ラノベ投票/9784047301726】

 

黒崎麻由の瞳に映る美しい世界 (ファミ通文庫)

黒崎麻由の瞳に映る美しい世界 (ファミ通文庫)

 

 山田君というキャラがいるのだが、1巻では主人公からの扱いがあまりにぞんざいすぎて、いや、さすがにウザいけど酷くない?と物語の本筋とは離れた所を気にしていて、2巻がでたら、もはやぞんざいどころか空気な山田君に少し不憫だろと思った。

本筋の方は、幽霊みたいに存在感が薄い所が逆に存在感を高めている黒崎麻由という少女の事を気になりだした主人公が少しずつ心を通わせていく話。からの後半、急展開を見せるのだけれど。個人的にこの作品の面白は黒崎麻由が少しずつ変わり始めるところだと思う。だから2巻も読めば、そこんところはもっと楽しめると思う。

 

④たまらん! メチャクチャな青春ラブコメに巻き込まれたけど、生まれてきてよかった。 【15上期ラノベ投票/9784040676609】

 

 色々ごっちゃとした設定や人間関係なんだけど、多角関係ラブコメさいこーで終わる1巻。これからももっともっとごっちゃっとさせて欲しい。愛をモットー。

 

⑤我がヒーローのための絶対悪 【15上期ラノベ投票/9784094515398】

 

 

 幼なじみでヒーローである女の子のために主人公が絶対悪になって、ひと肌もふた肌も脱いで脱いで脱ぎまくる話。ストリップではない。熱いよ。

 

⑥明日の狩りの詞の 【15上期ラノベ投票/9784061399174】

 

明日の狩りの詞の (星海社FICTIONS)

明日の狩りの詞の (星海社FICTIONS)

 

 正直、大半はしっくりこないなぁこの作品は。って思っていたのだけれど、ラストのモンスターの狩りは緊張感がとてもあってすごく楽しめました。

 

ゲーマーズ! 雨野景太と青春コンティニュー 【15上期ラノベ投票/9784040705330】

 

 

 誤解がどんどん誤解を呼ぶ青春ラブコメ。ゲームは物語の中でもちろん根幹にあるのだけれど、そんなにゲームについての豆知識みたいのでてこないから、純粋にラブコメとして楽しめた。コロコロ移り変わる人間模様が楽しい。

 

 

下読み男子と投稿女子 -優しい空が見た、内気な海の話。 【15上期ラノベ投票/9784047305151】

 

 

 大丈夫、野村美月ラノベだよ。と自分の中では、信頼感のある作家さんの単巻ものは、今回も最高に面白かった。個人的には、朝ちゃんぶりに可愛いヒロインだなと思う。

 

⑨五色の魔女【15上期ラノベ投票/9784086310345】

 

 

五色の魔女 (ダッシュエックス文庫)

五色の魔女 (ダッシュエックス文庫)

 

 カッコいい魔女達がカッコいい技を使ってカッコよく殺しあう事が一番面白いと感じ、この作品の一番の魅力だと思う。

 

⑩赤井くんには彼女がいない ~ハッピーエンドの描き方~ 【15上期ラノベ投票/9784865291261】

 

前半は、オタサーでヒロインの子といちゃいちゃしながら、ネトゲしたり漫画よんだりとぬるいオタクな日常をとても居心地良く描いてる。。このまま終わるのか?と思ったら、主人公が話の流れでライトノベル作家になりたいと夢を持つあたりでいつのまにやら廃部の危機になって、主人公がその危機を救うため、執筆活動を始めるみたいな話に。ゆるーいハーレムが面白かった。

 

以上、10作品。

今回の期間は上記10作品の他にも面白い新作ライトノベルがどんどこ出てきて、10作品に絞るのにかなり悩んだ。ネームバリューがある作家さんの新作、新人賞からのデビュー作どちらも面白い新作が多々あった記憶。