読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ソルティライムシャーベット

小説とかライトノベルとか漫画とか邦楽とかの感想とか

イリヤの空、UFOの夏 1 読みました

ライトノベル オススメで検索するとよく目にする名作。読もう読もう思ってたんだけど、中々実行できず、電子書籍はじめて、手軽に昔の作品が買えるようになったんで、購入。秋山瑞人作品も初めてだなぁと思ってたんだけど、そういやドラゴンバスターの1巻読んだなと思い出した。

ぶっちゃけこの1巻だけの感想になると、面白くない。あまりセカイ系はこういうもんだという定義も曖昧なんだけど、とてもテンプレなセカイ系だと思った。もしかして、この作品がそのテンプレの骨組みみたいなんを作ったんか?

まず思い出したのが、ガイナックスのアニメでヤングアニマルでコミカライズしてたやつ。記憶あんまねーけど、あれを思い出した。
次に思い出したのが、学生の頃、オタクのクラスメートにゲキプッシュされた最終兵器彼女。たしか漫画全巻かりて、かなりどハマりして実写映画を二人で観に行ったけど、こんなにつまらん映画は、そうそうねーだろって怒りに近い感情が。CMでちせーって叫んでたよね。そうだ思い出したわ。最終兵器彼女と同じタイミングでこれもオススメされたんだ。だけど、その時、ライトノベルを読んだ事が無かったし、正直ライトノベルに偏見があったから、避けた。けど、オススメした側も悪いとは、思う。だってマンガみたいに読める小説って言われたら、じゃあマンガ読めやってツッコミたくもなるわ。なんかすげぇ紐付きで思い出したな。

とりあえず名作との言葉を信じて続きを読もうと思う。