ソルティライムシャーベット

小説とかライトノベルとか漫画とか邦楽とかの感想とか

プレーンソング 読んでたら2時間くらい風呂入りつづけてたんだけど、この物語のゆるやかさに夢中にさせられる

プレーンソング (中公文庫)

プレーンソング (中公文庫)

すごく大好きでした。ストロング大好き。ベリーストロング。ベリーズ工房

独り身の30歳男主人公のもとに年下の子供っぽいつか子供がやってくる女連れて。もう一人おっさんがやってきて四人で主人公のマンションで共同生活をする。猫と触れ合ったり、競馬の話したり海いったり。ゆるやかに流れてく時間。その時間を読んでるこっちとしたら、なんか楽しい。いー感じ。幸せ。

ラストに海に行って、五人で会話だけで進めるシーンがあるんだけど、その会話が自然なおかつ誰の発言なのか分かる。普通の時間。ゆるやかに。

とても大好きだなぁコレと思ったら、続編があるとの事。待った無しで読みたいとこだけど、今日は寝よう。ゆるやかに