読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ソルティライムシャーベット

小説とかライトノベルとか漫画とか邦楽とかの感想とか

ぼくは明日、昨日のきみとデートする 読みました

宝島社文庫 ☆☆☆

設定やら今こーなってるからアレ?そしたら次の日なったらどーなんだ?みたいなのに頭持ってかれて、イマイチ物語に入り込めませんでした。良い話しだな捻ってる恋愛小説だなって好感は持てたんですけど、少し残念です。

切なさが残るお話で、設定をフル活用したらこうゆう落とし方になるんだなと、好感が持てるんですが、上記の通り、アレ?じゃあこーなんのか?で良いんだよなといったように考える事をさせられた。考えさせられたじゃなく。考える事をさせられた。物語に入り込むために不必要な考える時間を持たせられたと感じた。

後、今回は一般小説っていう媒体だからっていうのが大きくあるけど、中二病とかが一般的な感じで用いられてたのが、少し気になりました。ライトノベルで使われても正直気にならない。別に小説の方が、高尚とかどーだとか言うつもりは無いし、大元は小説ってことで一緒なんだけど気になるものは、気になる。今回の作風にあってない言葉なのかなって思った。

後、物語の本筋にはあまり関係ないし、そこをどーこーいうのも違うなぁって想いはあるんだけど、舞台設定を他の作品との差異を出そうとしてるのか、ちょい無茶あるんじゃない?少し冷めた目線が芽生えてしまった。