読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ソルティライムシャーベット

小説とかライトノベルとか漫画とか邦楽とかの感想とか

エイルンラストコード 読みました

☆☆☆ MF文庫J

最後まで読み終わっての感想は、かなり苦手でした。物語のスタートは、ゔっこれかなりじぶん苦手かもって思った。ヒロインが強制的に闘ってるところ。そこから主人公が登場して、主人公の苦悩や辛さのところやヒロインとのふれあいのところは、けっこう面白かった。後、主人公が登場して苦戦してた敵を瞬殺した時は、おっ!?なんだなんだ面白くなってきたなって。
けど、物語の山場のラストの戦闘シーンで、これかなり苦手だわって自分のテンションも急降下した。こうゆう得体も知れない敵って、主人公たちの能力を学習する敵が絶対でてくるだろうなぁと思ったら、まさかこの巻出てくるとはって萎えました。このあたりから、ストーリーに集中できなくなってた。とどめとなったのは、主人公がロボット形態になるあたりのくだり。テンションガタ落ちでした。テンションガタ落ちの中、エピローグで三人のヒロインとの恋愛をにおわせるくだりは、続きが気になった。

この作品の最後まで通して思ったことが、面白いシーンもあってつまらない作品ではないけど、自分はかなり苦手と感じる作品だった。しかもこの作品で苦手だと思ったところが別の作品だと、好きなところでもあるから、何なんだろうなと思った。少年少女が、無理矢理ロボットに乗せられて闘うとか、ありふれてるかどうかは分からんが、他の作品でもある要素。そこは他の作品読んでる時は、たいして気にならんのに、何故かこの作品を読んだ時は、すごく苦手と感じた。何でだろう。

続きが気になるという思いもあるから、読み終わって、もやっとしてます。

もやっとするからネットで感想漁ってたんだけど少し分かったわ。他の人が絶賛してるところを自分はあざといなと思ったんだ。ストーリーの進行もどんどん盛り上がってのが上手い。けど自分は、あざといと感じた。だからストーリーに入り込めなかったんだと思う。少しスッキリした