ソルティライムシャーベット

小説とかライトノベルとか漫画とか邦楽とかの感想とか

「ハードカバーで買う奴はにわか」が忘れられない

 

1Q84 BOOK 1

1Q84 BOOK 1

 

 

「ハードカバーで買う奴はにわか。」「本当の通は、文庫化されるまで待つ」

 

という言葉が、忘れられない。今もたまに思い出す。当時、村上春樹1Q84が発売された時だった。1Q84の売り方として、情報を出さずどのような内容であるか分からない事で、市場に興味を抱かせるみたいな事をやってた気がする。自分は、好きな作家として村上春樹は上げるけど、全作品を読んでおらず、たぶん世間で言うハルキストには程遠いファンだ。たぶん俗にいうにわかってヤツだと思う。まぁ、当時上記で書いたように1Q84が久しぶりの村上春樹の新作って事で話題になってて、自分もかなりわくわくしていた記憶がある。1Q84自体は、2巻迄かなりのめり込んでいたけど、後に出た3巻がすげぇ蛇足だったなぁという感想だった気がする。発売当時は、品切れが続いて、それなりに本屋回ってたんだけど、地元の駅前の本屋で売ってて、迷わず購入した記憶がある。んでまぁ、部室かどこかで読んでた時に、確か言われたんだよなぁ。「ハードカバーで買う奴はにわか。文庫化されるまで待つのが、本当の通」みたいな事。それ言われた時は、てめぇ金無いだけだろ?普通に考えたら、好きな作家の作品は早く読みたいのがファンじゃねぇのかよ?って思ったんだけど、今でもその言葉が忘れられない。たぶん言った本人は、忘れてるはず。何気ない一言な感じだったから。んでまぁしばらくして、ぼんやりとその言葉を思い出して、まぁ確かに気持ち分からんでも無いなぁとか、思っちゃうのよね。かなりテレビでも1Q84がバカ売れとニュースにも出てお話題になっており、要は普段、村上春樹作品のみならず、あまり本を読む習慣が無い人が手に取るだろうと感じ、このマスコミに踊らさせれるミーハーどもめとか、思っちゃったんだろうと推測した。今日もその言葉が久しぶりにフラッシュバックのように思いだして、少しモヤっと来てたんだけど、やっぱりハードカバーで買う奴はにわかは、意味わかんねーなと改めて思った。読書メータやらにちゃんやらのネットで本読んでる人と簡単に繋がれる世の中だけど、読書って少なくとも読んでる時は、一人でするもんじゃん。感想とかは、別として。そんな一人で楽しむ趣味を何で「ハードカバーを買う奴はにわか」みたいに他人の目を気にするような事しなきゃいかんの?「本当の通」になるまでに文庫になるまで我慢しなきゃいけないの?好きな作家の最新作なのに。あの言葉は、たぶん読書をする事がファッション・アクセサリーみたいな感じになっているから出た発言なのでは無いかと、数年たって思う。たぶんまたいつか思い出すんだろうこの言葉を。そして、ハードカバーは、重くて読みづらい。寝転がりながら読めない。もしかしたら、あの発言は、ハードカバーの重さを遠回しに批判した言葉だったのだろうか。