ソルティライムシャーベット

小説とかライトノベルとか漫画とか邦楽とかの感想とか

人生 第7章

 

人生 第7章 (ガガガ文庫)

人生 第7章 (ガガガ文庫)

 

 この作品の良い所は、主人公の赤松が、ガッツリなスケベキャラでも無く、逆にハーレムものの鈍感キャラでも無く、草食系なライトなムッツリスケベな所が、物語の良いアクセントになっている所だと思う。

いくみがいないと物語が動かないのは、相変わらずだけど、途中参戦で劇中で過去ツッコミがあった絵美が馴染んできて、良いキャラになっていると思う。

ブコメ色が強くなったけど、そもそものギャグにもクスリと来て、とても大好きなシリーズの一つになりつつある。