ソルティライムシャーベット

小説とかライトノベルとか漫画とか邦楽とかの感想とか

俺と彼女が魔王と勇者で生徒会長

 

俺と彼女が魔王と勇者で生徒会長 (電撃文庫)

俺と彼女が魔王と勇者で生徒会長 (電撃文庫)

 

 バカテスのパクリで一躍話題になったライトノベル。近所の古本屋をぶらついてたら、見つけて即買いした。

自分は、バカテスはアニメしか観ておらず、原作は未読なのでパクリとかそこらへんの所は、全く気にせず読めた。

なので、結構楽しめて読めた。内容は、ぶっちゃけライトノベルとしては、そんなに悪くない。毒にも薬にもならないオーソドックスな萌えラノベというのが、全体を読んでの印象。

設定や展開に強引だなぁと感じた部分もあり、少し粗い作りをしてるなぁと感じた。特にラストあたりもくだらなさをウリにしてるのか分からんけど、こう微妙な手段で解決した。

この作品は、ぶっちゃけヒロインのアリスが可愛いという所で、何か他のイマイチだなぁと思う面を打ち消してる気がする。まぁライトノベルで魅力あるヒロインが作品を引っ張って行ったら、それ十分面白い作品になるのではないのかなぁと思った。

なんちゅーか、設定や展開もそうやっちゃうの?てツッコミを入れたい所は、あったけど結構面白かったです。

この作者の作品、これで2作めだけど、めちゃくちゃ面白くは無いけど、そんな罵倒をする程でも無いかなというのが、個人的意見です。可もなく不可もないくらいと言ったら良いのだろうか。

まぁ自分がツイッターなり何なりで罵倒をしていた人は、恐らく読んで無いけど、みんなが馬鹿にしてるし、パクリ自体は、いけない行為だし、自分もその波に乗っちゃえみたいな人だろうなぁと思ったけど……。