ソルティライムシャーベット

小説とかライトノベルとか漫画とか邦楽とかの感想とか

オールラウンダー廻 13

 

オールラウンダー廻(13) (イブニングKC)

オールラウンダー廻(13) (イブニングKC)

 

 前作、EDENからこの作者のファンをやっている人の大半は、思う事だろうけど、まさかこの作者が、こんなど真ん中のスポコン青春格闘漫画を描くなんて、想像できただろうか。今回もとても面白いです。

この漫画で、当初から作中で言われてた「強いとは何?」「強くなる事に意味がある」というのが、今回も出てきたけど、主人公の廻が格闘技なんて意味が無いと言ったりしたり、その他に格闘技をした所で富も名声も得られないご時世。

 

だけど、続けている。

 

この言葉が、この漫画のテーマの一つだと思うけど、何のタメにもならないけど続ける。そういった総合格闘技の魅力をとても良く描いてると思う。

本当に良作。