ソルティライムシャーベット

小説とかライトノベルとか漫画とか邦楽とかの感想とか

シュガーダーク

 

 

 結構、序盤は独創的な世界観やダークな雰囲気に惹きこまれたけど、読み終わったら、惜しいなぁ、ちょっとイマイチだなという感想に落ち着いた。

 

確かこの作品が出た時は、涼宮ハルヒ以降の角川スニーカー大賞が遂に出た!!受賞作ですでにプロレベル!!というふれこみで鳴物入りで出た記憶がある。結構宣伝してた気がするし。けど、結局続きは、出ずこの巻で終わっている。そんな作者が、最近講談社にレーベルを移して新作を出したが、それも2巻で打ち切りになったという話を聞いて、この作品が気になりだし、今回、読んでみた。

 

内容は、上記にも書いたがダークで独創的な世界観が良かったし、良く練られてるなぁと感心した。設定を細部まで作りこんでおり、その描写も丁寧に描いてる事から、世界観に入り込みやすかった。

 

また、キャラについても主人公で穴掘るモグラのムオル。ヒロインで無口だけど素直な性格であり、化けものと戦うメリアの二人が中心なのだけれど、とても良かった。この二人の掛け合いもダークな雰囲気が漂っているのに、甘酸っぱい青春ものの様相も見て取れた。良いボーイミーツガールものだと思える。

 

結構、読んでて良かった点は、多々あったけど、最後まで読むとストンと落ちたようにイマイチだなぁと思えた。これで続きがでるなら、まぁまだ良かったかもなとは、思えたかもだけど、これ単体だけだと何か凄く物足りない、イマイチという感想に落ち込んでしまった。