ソルティライムシャーベット

小説とかライトノベルとか漫画とか邦楽とかの感想とか

BLOOD LINK 2

BLOODLINK 2: 赤い誓約 (徳間文庫)

BLOODLINK 2: 赤い誓約 (徳間文庫)

読み終わりました。1巻の事後から物語が始まり、スタートから暗い雰囲気が全開でした。本当に濁った空気が充満している感じ。
大切な友人を殺めた主人公が苦悩に苦悩を重ね、一番大切な愛している人を守るためにと戦う意味を見出した。
この巻の見所は、主人公の葛藤だと思う。辛さがよく伝わる内容だった。
敵である地蟲や組織、登場人物などは、まだまだ謎に包まれているので、今後の展開に期待します。