読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ソルティライムシャーベット

小説とかライトノベルとか漫画とか邦楽とかの感想とか

“六条” ヒカルが地球にいたころ…… (9)

 

 漠然とした言い回しだけど、とても奥行きを感じた。別にライトノベルを変に高尚なものにして、純文学に匹敵するぜなんていう事は、無いけど、とても奥行きを感じた。

 

この巻は、素晴らしい。本当にとても面白かったし、色々な感情を揺り動かされた。

 

前巻の怒涛のヒキから、この巻が始まってどうなるのか?て、とてもわくわくした。思いもよらぬ横槍で、有耶無耶になるのにじれったさを感じた。

 

是光の家でドタバタする女の子達のシーンは、とても可愛いと感じた。特に朝衣の突然の、クールに決めた告白→次の日、取り繕うシーンは、とても可愛いと感じた。

 

周りが、かわいそうな女みたいに朝衣を是光に激プッシュするシーンは、笑った、微笑ましい。

 

周りの女の子達のピンチを今まで救ってきた是光が、自分は超人でも無く、一人しか助ける事ができない現実に困り弱るシーンは、切なさを感じた。今までの巻で是光が、気持ちよく爽快に、不器用だけど真っ直ぐに色々な女の子の窮地を助けてきてたから、なおさら切なさが倍増した。

 

また、今まで「弱い」対象であった、女の子が強さを見せるシーンは、グッときた。

 

一朱の歪んだ愛を見た時には、どうしようも無さを感じた。

 

是光が、ほのかのピンチに駆けつける下りは、前作・文学少女の兼ね合いもあり、あぁ本当に良かったなぁ…と思えた。

 

そして、ラストの意外な黒幕(?)の登場は、野村美月の物語を創る力に、凄いなぁと思えた。

 

登場人物の信じる力に感動し、疑いの心にもやもやした。本当に色々な感情をごちゃまぜにさせられたけど、ラストまでイッキ読みした時は、あぁ凄い好きだわぁと思う。

 

次巻でこのシリーズも完結するけど、次作も野村・竹岡コンビで出すという事で、とても期待できる。前巻で吸血鬼ものかよ…少しありきたりだなぁ…とかも思っちゃたけど、この巻も読んで、新作も間違いなく面白いんだろうなぁと確信を持てる。

 

この大好きな物語の結末がどうなるのか、心の底からわくわくして待ってます。