ソルティライムシャーベット

小説とかライトノベルとか漫画とか邦楽とかの感想とか

東京レイヴンズ 9

 

 最高潮のテンションで第一部完結した。マジで6巻から、ぐんぐん面白さ、テンションが階段で上がっていた。しかもその階段もすげぇ段差がある。

マジで、まだこれより面白くなるのか?て疑いを打ち破る面白さ。この作品すげぇよ。半端無いよ。

 

なんだろ、この巻ほぼ全頁、山場だったから、ピックアップして、ここが面白かったてのを挙げる事もできねぇよ。

 

色々、頭の中に想いが張り巡ってるけど、言葉にするのも勿体ない?くらい。

 

多くは語るまい。この作品は、少なくとも自分の中じゃ、超名作。

何ていうか、本当にありがとうございました。こんな血沸き肉躍るっていっても過言じゃない程、面白いもんを読ませてもらって。

ひたすら感謝。

 

マジで面白かったぁ。