ソルティライムシャーベット

小説とかライトノベルとか漫画とか邦楽とかの感想とか

東京レイヴンズ 7

 

 おいおいこんなに面白くて、後半息切れしちゃうんじゃないん?てくらい超面白かった。

 

主人公・春虎が前巻の超バトルを見て、自分の力じゃそれを再現する事ができないから→強敵相手に土壇場で覚醒。そのカタルシスが痛快爽快で読んでて、とてもひきこまれました。おぅ…おぉぉぉぉ!?と読んでてマジでそうなった。

 

後、夏目の正体が遂に、塾生にばれて、ラストの京子の心理描写は、すげぇ秀逸。素晴らしい。

 

今まで味方だと思ってた人たちの暗躍や、意外とあっさりと再登場した道満、すずの正体etc、とても内容がぎっしり詰まった400p超。

けど、全然長いなぁと感じない。不必要な場面が一切無い。

 

今から、大人買いしに本屋に向かおうと思う。最高。