ソルティライムシャーベット

小説とかライトノベルとか漫画とか邦楽とかの感想とか

憂鬱なヴィランズ4

 

憂鬱なヴィランズ 4 (ガガガ文庫)
 

 何だろう、この物語は。すごい読んでて、展開グダグダだなと毎巻読むたびに思うんだけど、ラストの締め迄辿りつくと、まぁそこまでつまんなくはねーな?むしろ結構、面白かったんじゃ?とすら思える。

不思議だ。いや本当に毎回グダグダなのになぁ…。

 

この物語の登場人物は、全員悪役っていう設定だから、明確な敵っていうのがいつもいない気がする。

前回迄、敵として戦った相手が、今回じゃ味方。その逆も然り。

 

後、主人公が全く役に立たねーの毎回。前回でパワーアップフラグみたいなのがあった気がするけど、今回てんで役に立ってねーの。本当にお前主人公なの?て思えるくらい。そーゆーの嫌いじゃないんだけど。

 

今回は、青髭と赤鬼の家族愛が一番物語の盛り上がりであり、自分もそこが面白かった。

 

こう何だろ?ふわっと言い表せない世界観や登場人物の関係、面白さがあるんだよなぁ。こうすげーおもしれえ!!!とは言わないまでも続きは気になる。不思議な作品だ。