ソルティライムシャーベット

小説とかライトノベルとか漫画とか邦楽とかの感想とか

東京皇帝☆北条恋歌12

 

東京皇帝☆北条恋歌12 (角川スニーカー文庫)

東京皇帝☆北条恋歌12 (角川スニーカー文庫)

 

 もう、行き当たりばったりなのか、最初から作りこまれてたのかは、よく分からんけど、超展開が続く巻だった。

今までの物語の真相や裏側がイッキに語られて、物語の終わりを感じさせる内容だった。

結構、シリアスな展開や内容だったのに、登場人物、特に恋歌のゆるさ加減が相変わらずで、いつも通りかるーく読めた。

 

この作品って最初、ガンパレのオマージュぽいなぁと思わせる内容で、この巻の展開もどこかで読んだ感じするなぁと既視感を感じさせる内容だったけど、やはり竹井10日の語り口調で、オリジナリティを感じさせ、そのような感じを払しょくさせてくれる。

後、短編が二つ収録されてたけど、やはり昔の方が、竹井10日のギャグは面白かったなぁと感じさせる。

 

そういえば、この巻、ヒロインのクリスが短編しか出てないな。

 

次の巻で最後との事で、どのようにこの長いシリーズの物語を締めくくるのか、期待してます。

なんだかんだで、大好きなシリーズだな。