ソルティライムシャーベット

小説とかライトノベルとか漫画とか邦楽とかの感想とか

殺戮のマトリクスエッジ

この作品は、かなりの期待をしていた。過剰に期待し過ぎてたぶん、少しガックリきた。

作者は、エロゲーライターでスチームパンクというジャンルで著名な人らしい。エロゲ、ギャルゲーはしないけど、エロゲー業界からライトノベルに輸入されてきた人の作品は、基本面白い作品が多いから、ネットの前評判の期待値の高さから、自分も期待してた。

内容は、サイバーパンクと銘打ってあり、未来都市でのSFバトルだった。かなり設定とかも作り込まれてて良かったと思うけど、個人的には夢中になれなかった。

主人公の設定も中々、カッコいい所は、評価する。ストーリー展開も王道な進め方で自分の好きなタイプ。

けど、やっぱりのめり込む程の面白さは、無かった。
多分理由としては、こんな感じのsfもの、所謂サイバーパンクと言われてるらしきもので、自分が今まで読んだ作品と比べてしちゃったのかな?って事だと思う。

とりあえず続き出たら読むわ