ソルティライムシャーベット

小説とかライトノベルとか漫画とか邦楽とかの感想とか

カクリヨの短い歌 2

カクリヨの短い歌 2 (ガガガ文庫)

カクリヨの短い歌 2 (ガガガ文庫)

秋の夜長は読書とブログ

読んだ。

一巻の完成度がとても素晴らしかったぶん、今回物足りなさを感じたのが、正直な感想。

この物語は、和歌で戦うっていうオリジナリティの高さよりも、キャラクターの魅力が素晴らしいというのが、肝だと個人的には、思います。

可愛らしく拙い言葉を使いつつ純粋な狐娘のアイカ

主人公の事が大好きだけど、皮肉な言葉遊びが魅力なラスボス兼お姉さんのマハル

この二人の魅力が一番読んでて、楽しい。

物語の運び方等、筆者の技術も中々だと思うけど、やっぱりアイカとマハル、そして主人公のシシミチを軸にして、物語が続いてくだけで、わたしゃ満足です。