ソルティライムシャーベット

小説とかライトノベルとか漫画とか邦楽とかの感想とか

暗殺教室 6巻

暗殺教室 6 (ジャンプコミックス)

暗殺教室 6 (ジャンプコミックス)

連載当初は、謎の生物が落ちこぼれの先生を暗殺をするのを交えて、厚生させてくっていう奇抜なオンリーワンな設定に面白さを感じてた。

けど、連載してから一年以上経ち、巻数も6巻と物語が段々進んでいくと、教師と生徒の交遊っていう、少年漫画じゃよくみるいわゆるスクールカースト脱出劇に面白さを感じる。

今回も共依存の生徒の解決やクラスに溶け込めない不良に道を指し占めるといった所に面白いと思った。

今回で初版100万部となり、間違いなくジャンプの看板漫画といってもいいくらいの人気作となった。ジャンプの人気漫画は、人気と同じくらいアンチが沸くけど、この漫画はこの路線を最後まで突き進んで欲しいな。

後、リミットが一年間としっかり最初から設定してる事で、ダレる事が少ないのが良い。