ソルティライムシャーベット

小説とかライトノベルとか漫画とか邦楽とかの感想とか

デートアライブ8

 

既刊と趣向を変えたなんちゃって推理ものだったけど、半分くらいで何となく犯人は、多分そういうオチ何だろうなぁと思ったらドンピシャ。

まあ、それだけ作者の伏線の貼り方が上手いって話で、自分自身は、なんもすごかないけど。

けど、この作品、根幹の設定が色物チックだけど、ちゃんと読者を飽きさせないように違うアプローチしてくるって、作者の物語を創る地力があるって事で、感心しちゃうわ。

ゲストキャラ毎にあった物語の構成だし。根幹の設定だけを読んでげっそりした人には、最新巻まで読んで、そこんとこ気づいて欲しいなとネットの片隅でそっと呟く。