ソルティライムシャーベット

小説とかライトノベルとか漫画とか邦楽とかの感想とか

FGOに圧倒的なランサーはいるのか?

最近自分の使える時間及びApが尽きる時間を全力でFGOにハマってる、まぁ新参なのだけれども。
フレンド欄をみて、ここ最近思うことはランサーに絶対的なランサーていなくね??である。
割かし。それなりに。個人的にヘビーに課金を重ねているのだけれども。けれども数か月の新参者。その視点で書いてるつもり。だからそんなん今更かよ!?も何言っちゃってるのもまぁ言われてしゃーないわなと。
と言うのも課金や時間の程度、そしてキャラ愛?等でフレンド欄は構成されてる、あるいはどれが役に立つか?フレポ稼げるか?見栄を張れるか?なんかもあったりすると思う。ソシャゲでの見栄やガチャの神引きとかはくっだらねえと思うし、その嬉しさは自分だけでしょ!!と思ってるから最近Twitterでガチャの結果をスクショするようにしてる。それらに楽しんでる人、すみません。けれどもそれらを楽しめない、あるいは人が楽しんでることに水を差すようなやり方を性格悪いとぶった切るなら。そーゆー性格悪い人間が不快と思わせる事を無邪気に楽しんでる人も決して良いとは言えないんじゃ??こーゆーのを逆張りというのか??まぁ絶対的に悪意を持ってやってる人間が悪いに決まってるから何が言いたいかと言うと楽しんでるひとが絶対的に正しい。楽しみ方は人それぞれ。私も楽しんでます、FGOを。文句ぶちぶち言いつつ。文句言ってるなら止めろよ論もあるけれど。文句ありつつ楽しんでるからと。それこそ楽しむためには文句言っちゃいけねえのか?とおっと逆張り逆張り??まぁ楽しいッスよ、FGO

話それた。

フレンド欄まで話戻るけど、新参者だからこそ感じる事なのかもしれないけれども大体各クラス毎での強キャラってのは大体同じになっていくな。と。上で書いたとおり人それぞれかもしれないが。それでもこのクラスのサポートはコレばっかりは大体固定されてると。あるいはその時のタイミングかもしれんがな。けれども感覚的に感じる。あーあと宝具の重ね具合とかもあるな。。。それと周回用とか高難易度用とかもあるか。それと入手しやすさとかもあるか。。。

セイバーなら武蔵。アーチャーならギル。ライダーならオジマン。アサシンならジャック。キャスターならマーリン。バーサーカーなら頼光。と。

もちろん上で書いたサーヴァントだけでなく、沖田、イシュタル、ケツの姉御、山の翁、孔明、クー・フーリンオルタ等々いるけれども。何となくそれら二名にプラス1,2名くらいが多いなと感じる。特にキャスター枠は名サポーターであるし確実にプレイ難易度に大きく差が出るマーリンと孔明が多くなるのは当たり前だが。シェヘラザード使いたいので誰かフレンドになってください。切実に。後、まぁその破壊力が群を抜いてるから当然だろのアーチャーのギルね。ギルはそれに加え人気の高さもあるだろうけど。。。まぁヤバい強いわな。

けれどもコレはランサーにはそんな絶対的な存在はいないんじゃないかと。
と感じるのはランサーのフレンド欄は何となく??何となくよ!!他のクラスに比べてバラエティに富んでるし。自分も全部使ってないから断言できないがそこまで絶対的なサーヴァントがいるぅ??と思う。カルナ、スカサハ師匠、エレキシュガル、エルキドゥ、ブリュンヒルデあたりか??ここら辺が疎らに出てるけど絶対的にコレ!!と固まってないような。星四も入れるとヴラドや槍トリアオルタあたりか??何というかこう他クラスのギルやジャック、マーリン、武蔵等みたいに圧倒的なヤツがいないような??まぁコレは全キャラ比較してない自分の感覚だから、攻略サイトで書いてある事が正になるだろうからなあ。そうしたらカルナだし、言われてみればカルナが多いような気がしないような、するような。まぁカルナなんだろうね!!ちゃんと比較してるし!!おしまい!!この話。まぁそこまでやりこんでない新参者のつまらんことと受け取って頂けたらと。

ちなみに自分の槍パは、スカサハ師匠、エルキドゥ、獅子王くらいしか持ってなくて、その他はフレンドから借り物によると。フレンド欄でよくみるヤツくらいしか根拠ないからなぁ。カルナでいいっすかね?アンサーはて感じッス。まぁ使い方次第で化ける低レアもいるらしいけれども。少なくとも低レアを使いこなすまでこのゲームの苦行のレベル上げをやる自信が無い。

さらにちなみに自分の今、一番欲しいランサーはパールヴァティです。理由はサザンアイズが好きだから。それだけの理由でも欲しくなる。楽しいねガチャは。FGOは。

最後にフレンドになってくれるという奇特な方はご連絡お待ちしてます。救おう世界を。

おしまいです。

ブギーポップグランドオーダー アニメ化にこじつけたブギーポップのFGOコラボ願望


心のオルゴールが踊り始めた。
そんな嬉しいニュースが続いた。からくりサーカスブギーポップのアニメ化の話です。どっちかってゆうと思い入れ的な面では圧倒的にからくりサーカスなのだけれども今回はアニメ化にかこつけてブギーポップについて実現して欲しい事をのんべんだらだらマイペースに書いていこうかと。

ブギーポップと私の出会いはかなり浅い。一年前だ。めちゃくちゃどハマりした。ビックリするくらいにどハマりした。笑わないでは斜に構えてたのがイマジネーター始まったら掌をくるり。ベイビーアイラブユー。いつもゴメンねって具合に。パンドラの麻薬爆滅Aチーム、ペパーミントのアイスクリーム立志伝。ホーリィ&ゴーストの駆け抜ける青春。沈黙ピラミッドの眩しい朝焼け。全部が眩しい。全部きらめく。アニメでも現実でもアイドルは光り輝く。そして私もブギーポップにユーゲッチュバーニングされて拳を握り心のゲキガンフレアをぶっ放す。それくらいの面白さ。それくらいの幸せ。それくらいがどれくらいと言われたら少し困る。けれども。幸福なんです。楽しいのです。踊るのです、心が。やはり、心が。止められないときめきってのはあるんだなと。もう十何年前の話になるのだろうか、十二人の突然現れた妹たちには揺らめくどころかドン引き。ジーズマガジンの読者投稿コーナーで名前忘れてたがスポーツ頑張れる妹が応援してると思ったら運動会でよい成績を取れた。名前忘れたがメカに強い妹が応援してると思ったら理科を理解できた。ホントにドン引き。ドン引き。役満貫。そんなオタク文化に呆れるオタクの自分が一番気持ち悪い。嫌悪し否定し生きてた。そんな自分に言ってあげたいブギーポップはど偉いおもしれえぞと。単にシスプリディスるだけになってしまいそうだから強引に。何度も繰り返す。ブギーポップはど偉い面白いぞ。ワイヤー引き裂かれるのは千切れてしまうのはお前の心だぞと。

ブギーポップは昔のラノベだとか最近のラノベだとかそんなナンダカンダを叫んでる場合じゃないって。奈須きのこ西尾維新に影響を与えた上遠野浩平はマジパ無いって言ってる場合じゃないって。単純にあるいはシンプルに。何よりも超剛速球でストレートに自分の心に入ってくるのもはブギーポップはど偉い面白いって。それだけでいいんじゃない??とも。

だからこそ嬉しいのかもしれない。普段はブギーポップの事を呟かない人が急にTwitterで沸いたり。ペパーミントとかパンドラとかばっかしか言及しないのを見てもそんな初期しか話題にしないから古ぼけた作品に見えちまうんだろとかも思わない。昔読んでた人が今から読み始める人が、アニメ化にかこつけて平積みにされるだろうリアル書店やアニメ化にかこつけてセールをするだろう電子書籍、あるいは投げ売りされてるかも知れないブックオフ。このタイミングで値上げするか、ブックオフは?とりあえずそれらのどこかで。誰かが。ブギーポップを読んで面白いって言ったりつまらないって言ったりって言葉が溢れるとまではいかないかも知れない。けれどもそれが確実に増えるっていう事実が嬉しい。のかもしれない。

ブギーポップは当時の時代だからウケた。今はウケない。私がブギーポップを読み始めての歴は浅いのだけれども何度か見た。正直うるせえと思うし何なのさって思う。青春は幾つになっても。何ををやっていても自分が青春だと思えばそれが青春なんだ。確実に。だから残業続きで疲れた身体。何処も出かける気になれないのでずっと自宅で天井の染みを数えてる。あるいはソシャゲに課金をする。それだって自分が青春だって思えば青春なんだ。まぁわたしゃ思えないけれども。さすがにそれは。話逸れたのを修正するけれどもあの当時の若者だからウケた?とかさぁ違うんじゃない??って。けれども私は若いのカテゴリから外れてしまったから頼むから読んでよ。君たちが大好きなシナリオのFGOのシナリオを書いてる奈須きのこが書いてるんだよ?読んでよ???ブーメランなんて痛くないし怖くない。だから言うよ、ど偉い面白いぞって。

来るべきアニメ化。化石に生命の水みてえなのをかけたら吹き返してひび割れて甦るファン達の鼓動。速くなるビート。もっと簡単に言えば燃え尽きるヒート?震えるぞハートってヤツで。早くもペパーミントの魔術師を二部構成の劇場版アニメまで妄想してるヤツがいる。そりゃ私の事なのだけれども。とりあえずアニメ化の先の展開までやはり期待してしまう。イマジネーターと夜明けはコミカライズの報もきてるし、やはり次なる続報を期待してしまう。

そんな中、期待してしまうものの一つとしてゲームもあると思う。このソシャゲが溢れに溢れきった今ならゲーム化も夢で終わるわけではなさそうだ。いや出る。必ずと。思ってしまう。

しかし私は、ブギーポップのソシャゲなんてやりたくない。きっと長続きし無いコンテンツになるだろうとはさすがに分かってる。サービスを終えるソシャゲの寂しさもこれまたブギーポップの雰囲気っぽいよねとか思いたくない。

それなら寧ろ今だ尚、膨張し続けいるユーザー数の想像を越える拡がりを続けている。FGOでコラボすべきじゃ!?と思うんですよ!!!!!

Fate/Grand Order material IV【書籍】

Fate/Grand Order material IV【書籍】

つーか本音は自分がやりたいだけなんだけど。ブギーポップのソシャゲがやりたいわけじゃ無く。ブギーポップが出てるFGOをやりたい。そしたら課金する。出るまで回す。出るまで回すの気持ちで多額を突っ込んだのに出なかったオジマン許せねえ。つか止めようよTwitterにガチャをスクショする文化滅びろよ。あるいは自分が滅びるよ。

ブギーポップFGOに出るの凄い剣幕目に浮かぶんだけどなあ。星5のルーラーで。ワイヤーを操る攻撃。宝具はジンクスショップでゼオライマーみたいに塵一つ残さず消滅させたアレとか。すげえ浮かぶんだけどなぁ。やりたいなぁコラボ。空の境界の式とブギーポップの凪の夢の共演とか。すっげえ目に浮かぶんだけどなぁ。お願いしますね。

けど少し前、ブギーポップの他ゲームとのコラボの過去を私は知ってしまった。過去アニメのスガシカオYouTubeで観てるときにたまたま知ってしまった。何かしらのSRPG恐らく日本一ソフトウェアのヤツで。ブギーポップが出てきた。戦闘で負けたら間抜けな感じで逃げていった。台詞もブギーポップが言ってるとは到底思えない感じで。リスペクトがまるで無かった。

だけどもFGOなら大丈夫っしょ?なんてたって上遠野浩平の影響を受けた奈須きのこが書くんだからさぁ。シナリオのFGOだし、きっと面白いさ。ブーメランなんかは怖くない。何よりも型月作品以外の初コラボをやるならブギーポップ以上にしっくりきそうなの無いんじゃない??と思うし。

最後にブギーポップアニメ化で嬉しいことが音楽が牛尾憲輔であること。聲の形のおかげで牛尾憲輔をすげえって気づいた人が増えて嬉しかった。だからブギーポップでもきっと視聴者の耳にすげえを届けてくれる期待してるし。私は今からサントラ買おうとワクワクしてます。聴こう牛尾憲輔。あるいはLAMAでも良いよ。きっと世界観にあったサイコーの音楽を奏でてくれるから。

lit(var)

lit(var)

Know Your Rights

Know Your Rights

  • LAMA
  • ロック
  • ¥250

何はともあれブギーポップアニメ化おめでとうございます。元気があったらからくりサーカスについても書いていきたい。

ライトノベルのお話でした。

妹さえいればいい 9 甘い香りのニトログリセリン

結構ストレートに平坂読は達者な人だと感心する。最近、読書量自体が激減してるし、どストレートに面白い作品に出会えて無いこともあるのだが。この人は、やっぱり小説書くの上手いなぁ。何か素直な気持ちが読んでて思った。

イツキとカニのフォロワーの新人作家会話も熱かったし。千尋と春斗の何気ない会話から浮き出る。ざわつくもの。京さんの流す涙とへっぽこな就活。京さんはこの作品で常識人的なポジションにいたけど、やっぱり伊月達と付き合うだけあって、少しズレてる感じ。そこら辺の匙加減を表すのに今回の就活エピソードはとても良かった。

なんつーかやってることなすことみんな青いなぁ。この青さは青春小説でドラマチックな展開を作りゃ見せかけの青。綺麗な青は作れるけど。なんちゅーかキャラが活きてる青さを切り取る群像劇。それを紡ぐ平坂読はやっぱり凄えなって。コレこそまさに群青日和てヤツなのかもしれない。

ソレはラストの千尋の爆弾でもそうであって。すげえ青さが際立つ。兄に妹と言われて少し心の歯車が狂う甘い誘惑。なんつーか好きだわ、やっぱり。

濃い青さの群像劇。たまらんですわ。

うしおとマシュ

うしおととら (ガガガ文庫R)

うしおととら (ガガガ文庫R)

グッモーニン。今日も朝は来た。どんなに悲しい時もどんなに辛い時もどんな凍ったままでいたくても。あるいは氷の上に立つように危なげな事をしたかったのかもしれない。ガチャ大爆死しました。いやー大爆笑ですわ。まさか冬のファラオ大感謝祭が私の中でオジマン怨恨祭になるとは。そう夢にも思ってなかったのだよ。夢にもね。まさかあそこまでガチャって戦果がクレオパトラとカレスコ。気づいたらニトクリスが始めての星4サーヴァントとウキウキしてたら宝具MAXになってるとは。ぶっちゃけ死にたいです。本気でこんな事をするために親に育ててもらった訳じゃねえ!!と自分に失望した。育ちは良いのよ、この甘ったれは。

まぁそれはそうと。FGOに屍のようにハマっているのですが、第七特異点。絶対魔獣戦線。バビロニア!!!!!これまぁ大変面白かったんですけど、思い出したのよ。うしおと。とらをね。あのラストに向けての伏線の回収。たたみかけるクライマックス。うしおととらじゃんと。私は以前は○○みてえっての嫌だな派だったんですけども。最近は、ちょっと変わった。何つーか愛。じゃねえんだけど。恋。でもねえんだけど。作品に対しての誠実さみてえな。そんなんがあれば良いんじゃねえの??みてえな。みてえなね。

だからこそシナリオのFGOとちやほやしてる層。序盤のオルレアンから泣けるーって言ってる層。何よりもバビロニアに心動いた人に言いたい。読んでないならうしおととら読んでみてよ。バビロニアみてえだよ。

最後に。たたみかけるクライマックス。マーリン、キングハサンと立て続けに出てくるシーンには興奮したけど、復活ギルガメッシュはなんかしっくりこなかった。あのシーンで出なきゃいけないし。あのシーンを盛り上げるためには彼しかいない。鉄板コースだから。あたりめえだよな。みてえな。それとなんかラストのギルはズルいというわけじゃないけど。何つーかリアルタイムでやってたらtwitterとかで目障り耳障りな盛り上がり方してそうで。嫌だなと。

つか何があなたが愛したフェートはもうないだよ。ゴルゴ〜ンやらイシュエレ遠坂さんや賢王やら。貴方が愛し続けていたふぇーとに対してサービス満点じゃねえか。

男主人公で名前うしおにしてマシュと旅したいな。マシュと歩んだ旅路は無駄ではなかった。そうハクメンのモノとの最終決戦のように。近々ソロモンへ飛び出そうと思う。うしおー!!!!うるせぇマシュ!!!!

おしまい

ひげを剃る。そして女子高生を拾う 現実でしちゃダメ絶対

ひげを剃る。そして女子高生を拾う。 (角川スニーカー文庫)

ひげを剃る。そして女子高生を拾う。 (角川スニーカー文庫)

基本面白かった。こーゆーリアルぽさ出しつつ全然リアルじゃないお話は、一昔前前の電車男やら痴漢男やらギター男やらの2ちゃんねる及びまとめサイトを思い出すな。あの時は、無限に近い有限である自分の時間をまとめサイト読んでたな。と。

リーマン主人公が女子高生を拾い一緒に生活をするんだけど、その感じがマジで九州男児。全員の九州男児がオラオラ俺に付いてこいみてえな空気は出さないだろうけれども。私の瞳で見てきた狭い九州男児は、そんな感じだったしラーメンといったらとんこつだった。一回カップラーメンをおつかいに頼まれてうっかり忘れてカップヌードルノーマルを買ってきてしまった時の。あの人の。落胆した顔が忘れられない、色褪せない記憶となっている。くだらなねえおもいでに脳味噌のキャパシティを割いてる余裕はねえ。

まぁソレはそうと。大人な感じを出してる主人公だけれどもアラサーと言われる年齢層であるのか、どことなく子供っぽさもあり。そんな彼が少し背伸びをしてオトナをやっていること。拾われた女子高生のこれまで、そしてこれから。また主人公の会社周りの先輩や後輩との恋愛。面白いっちゃ面白いが、どことなくフィクションとして咀嚼できない自分もいて乗り切れ無さがあるのも正直なところ。ホワイトキックってヤツだね。イエスだね。だって女子高生を拾ったらその時点で犯罪っしょみてえな。そんなみてえながところどころにあって。お淑やかな先輩が主人公の前だけガツガツ肉むさぼり食ったり。しかもこの先輩が主人公の事をフッタところから物語が始まるんだけども。なんつーかなぁ。普段は盆暗後輩が実は有能とか。とか。とか。が積み重なって面白いんだけどもなぁ、どーしても乗り切れない。まぁ続きは期待するよう。

ヴィレッジヴァンガードに置いてあったライトノベル 解答編

以前、ヴィレヴァンはサブカル出してる癖にラノベを置かないのはおかしい!!みてえな事を書いたのだけれども。

torune-netoru.hatenablog.com

その後、オール・ユー・ニード・イズ・キルが置いてあって。ハリウッドすげえなと思ってたら

久しぶりにヴィレヴァンいったらラノベコーナーが出来てて少し驚いた。

以下が置いてあった作品の一部。

まぁそのあの。。。正直な気持ちを言うとぬるっ!!てのがぶっちゃけある。劣等生やsaoを並べるのはヒット作だから分かるけれど。ヴァンサマとアサウラか。。。と

じゃあ何が並んだらいいんだよ??て言われたら冲方丁上遠野浩平でいいんじゃないっすかね??あるいはエナミでもおきゃいーんじゃない?

わたしは虚夢を月に聴く (星海社文庫)

わたしは虚夢を月に聴く (星海社文庫)

パニッシュメント (ガガガ文庫)

パニッシュメント (ガガガ文庫)

ぬるっ!!て思われたって良い。人の熱量は違う。何かに対しての温もりを感じるのは自分自身の心次第。心頭滅却すればなんちゃらかんちゃらで寒いなんて吹き飛ばせ。

自分のサブカルは自分で決めるし決めなくたってよし。何ならサブじゃなくてメインだって良い。自分のぬるっ!!は自分のモノ。ヴィレヴァンちょいぬるいっす。

ソシャゲに負けない宣言

FGOにハマって読書をしてなかった。平日どえらい忙しくなったこともあるし。けれども何もすることが無いから本読んでブログでなんか書くていうサイクルが崩れる事は何かしらに負けた気になる。ソシャゲに負けない。けれども勝ち方も分からない。だから一週間に一回何かしら本読んで感想書く。読んでなかったらTwitterでつぶやくくらいのことでもブログを回す。負けたくないんだ。どうしたら勝ちかも分からない。けれども負けたくないんだ。金を溶かす事にもへばりつきながからスマホ画面を黙々するのも。けれど読書は主に電子書籍だからスマホを縦にするか横にするくらいしかの違いしかないがな!!!!!

私は生きてる。間違い無く生きてる。死ぬように生きていたくない。生きてることの証明の仕方なんざ分からない。けれどもやるよ。おやすみなさい。

勝ち目低いんだよなぁ。