ソルティライムシャーベット

小説とかライトノベルとか漫画とか邦楽とかの感想とか

17年下期面白かった新作ライトノベル 10選

まとめます。通年の方で挙げた作品は除いて10本出していきたいと。

1. 6番線に春は来る。そして今日、君はいなくなる。

通年のベストに入れるか悩んだ作品。少しズレてる登場人物の青春恋愛モノ。そのズレてる感じが、何というかちょっとコミカル、実際にあったらドン引き。その匙加減が好き。青春恋愛モノとして非常に面白い一作でした。

2. いつかのレクイエム

JK陰陽師と年上イケメン魔女(男だけど)のバディモノ。正直、表紙イラストから半人前だけど元気あるJKと少し皮肉めいた事を言うイケメンが事件を解決していくっていうのを読み取ったけど、まさにイメージ通りの手堅い一作でした。期待したとおりの展開やキャラクター。楽しめました。

3. 山本五十子の決断

正直、自分の趣味の範囲外な作品のイメージもあって期待はあまりしてなかったが、読み終わった時、アレ?意外と楽しめたなって作品。というのも歴史的説明を省いて、キャラクターで楽しむ作品。この歴史的な内容をどれだけ省くかについても作者が知識ある方であると覗える。本番はミッドウェー海戦どのように改変しどのように切り抜けるか??という2巻からと思っており、期待して待ちたいと思う。

4. ハードボイルドスクールデイズ

色々な男と体を重ねる少女と童貞の少年のいびつな青春モノ。もっと童貞の少年が屈折したキャラクターと思っていたが、意外とカラッとした明るい性格の人間であって読みやすく面白かった。色々なモノが壊れながらも愛があるだろうけれども上手くいかない青春ストーリーのラストは、まぁあまりハッピーエンドとは言えない。けれども不思議と後味が悪くない読後感が気持ちよさすら感じた。

5. 魔法使いの願いごと

魔法使いの願いごと (講談社タイガ)

魔法使いの願いごと (講談社タイガ)

童話みたいなと言ってしまってよいのか、感動もあるファンタジー。綺麗なモノしか見えなくなった少女が最後に見た一番綺麗なモノの正体。とても良いお話で胸に打たれるモノがありました。

6. 図書迷宮

図書迷宮 (MF文庫J)

図書迷宮 (MF文庫J)

最初は、なーにが問題作だよっていけ好かなさを正直感じたが、MF文庫Jであのボリュームは未だかつて無いって事実を知り確かに規格外かと。二人称だとか作中のストーリー展開や色々な仕掛け。二転三転する展開。作者のギラついたモノが感じ取れる。けれども下地にあるモノが一人の少年と吸血鬼の少女との純愛であるから意外と世話しなく展開される物語のしるべになっていたかと感じる。

7. パンツあたためますか?

パンツあたためますか? (角川スニーカー文庫)

パンツあたためますか? (角川スニーカー文庫)

上手くいかない、煮え切らない登場人物たちのホントに上手い事いかない青春恋愛モノ。正直、後半の展開の暗さは少し受け付けないモノがあった。けれどもこの作品のゴールはあそこで落ち着いても良かったんじゃないかと。そう思わせてくれるモノがあった。どこか懐かしいと思いもさせてくれる作品。

8. 絶対彼女作らせるガール!

絶対彼女作らせるガール! (MF文庫J)

絶対彼女作らせるガール! (MF文庫J)

話の構成がまとまっており丁寧さを感じさせるラブコメ。登場人物の配置や物語の展開、ラストまでたどり着く過程やそれら登場人物の過去。とてもまとまりの良さを感じた。

9. デュシアクロニクル 十二騎士団の反逆軍師

軍師としての知略また戦闘においても一流の主人公の何でもアリ感。けれども少し知略の方の描写が少なく設定負けしてる印象も。復讐、反逆のため。大国を裏切った主人公の今後の活躍について期待してしまう。

10. JKハルは異世界で娼婦になった

JKハルは異世界で娼婦になった

JKハルは異世界で娼婦になった

この作品で一番好きなのは割かし残酷な世界でも生きていくロックンロールな精神を持つ主人公JKであるハル。彼女、マジでロックだぜい。合間にある缶蹴りのエピソードの青春な感じも好き。後半の展開については、結局チートかいと一瞬思ってしまったが、それを吹き飛ばすハルの活躍ぶりに痺れる。周りの登場人物達の関係図も面白い。好きな一作でした。

以上、10作品

それではまた来年。変わらずのんびりやって参ります。
torune-netoru.hatenablog.com

17年面白かったライトノベル10選

17年ももう終わりです。毎年年末にやってる面白かったライトノベルを10作挙げていきたいとおもいます。
順位はではありません。

では早速以下より書いてきたいと思います。

1. キミは一人じゃないじゃん、と僕の中の一人が言った

比嘉智康カムバック。多重人格?の少年と多重人格?の少女の恋愛。人格毎のキャラの掛け合いもコミカルで面白い。また多重人格同士の恋愛ってのも新しさを感じた。何よりも微笑ましい二人?の恋愛からの切ないラスト。さすが比嘉智康。コミカルで面白いから切なさ溢れるまで比嘉智康の気持ち良い文章が紡いでいく。青春恋愛ラノベの中でもサイコーな一作でした。

2. ブギーポップダウトフル 不可抗力のラピットラン

ぶっちゃけするとこの作品つーかブギーポップ全体って事で。というのも今年に入ってからブギーポップにドはまりしてしまったから。ベパーミントの魔術師サイコー沈黙ピラミッド痺れる。ブギーポップシリーズ全体の中では本作は正直下位の面白さかなぁ。けれどもハバケンとクレナイネーチャンの頭脳戦とか、クレナイネーチャンの母性みてえなところとか面白いところは多々あった。大好きです。ブギーポップ

3. 妹さえいればいい。 7

伊月の過去に何かしら大きく関わってたと前々から匂わせていた関ヶ原幽のエピソード。作品を作る事に対しては徹底的に色々な事を試し人気作家になった彼女の亡くなるまでのエピソードは熱い。ロックンロールを感じずにはいられない。そして悲しさもある。関ヶ原幽に関わったまさかの組み合わせの二人の大人の雰囲気もこれまた良い。そして肝心の主人公である伊月とカニさんの恋愛エピソードも合間にあって、上の悲しいロックンロールな過去を中和?させてるのもまた良い。

4. ひとりぼっちのソユーズ

少年と少女が宇宙飛行士を目指す。SFと青春恋愛モノの傑作。少年少女時代の思春期溢れる不器用な関係から大人になったときのロマンス溢れる恋愛ドラマまで楽しめる。そして宇宙飛行士を目指すことへの挫折や葛藤、上手く行かない気持ちや相手の事をおもうための決意等の色々な感情の揺らめきが眩しい。とても綺麗で。そしてとても面白い作品でした。

5. 先生とそのお布団

売れないライトノベル作家石川布団とその先生である猫の物語。作家モノの作品。これは石川布団の物語であって石川博品の物語でない。けれども全作品を追っている訳ではないくらいの好きの自分でも分かるくらいに重なるところがある。悲しい残酷な日々の物語。かと言って辛い苦しいだけの物語ではなく、猫である先生との掛け合いや細く繋がっている布団の人間関係に暖かみや優しさを感じさせられる。そこがどこか愛おしい物語。

6. 暇人同盟 友達いらない同盟2

暇人同盟 友達いらない同盟2 (講談社ラノベ文庫)

暇人同盟 友達いらない同盟2 (講談社ラノベ文庫)

正直、単巻モノだと思ってたから続編が出たの少し驚いた。この気怠い感じと生っぽさある会話が気持ち良い。そんなヤツらでも一端にら愛だの恋だの上手くいかないだのいくだのをダルさの中でやっていて。何というかこの作家の文章も好きだし、この物語もとても好きなんだなと。

7. 平浦ファミリズム

平浦ファミリズム (ガガガ文庫)

平浦ファミリズム (ガガガ文庫)

マイノリティな家族の絆を描いた物語。だけれどもそんだけじゃなく他者との繋がりの大切さや主人公の成長描いていく。正直、読み始めたあたりでこんな感じのオチが着くのかな??と思ってた展開が1/3あたりでケリがついて、マジか!?まだまだページあると、思ってたらどんどんスケールが大きくなっていきめちゃくちゃエンタメしてる作品だった。そして綺麗にら物語が締まる。何かを考えさせられる作品なのかもしれない。けれども私はそれよりもエンタメってる面白さに痺れました。

8. 皇女の騎士

異世界ファンタジーかと思ったら気づいたらスペオペみたいになってる!?と思ってる合間に恋愛や子育てさらには宿屋経営。そして最後は急に超スケールの物語に。シリアスもハートフルもラブコメも悲しい過去もロマンスも、笑いもある。何というか言葉に語弊があるのかもだけれどもど真ん中にライトノベルでど真ん中に面白い。といえば良いのか。とにかく要素だけあげれば、雑多に色んなものがあるけれどもそれを丁寧にまとめて一つの幹に繋げていくこの作品がとても面白い、大好きです。

9. EXMOD

ザこんな感じの学園異能バトルが読みたかったって感じの作品。事故により輝かしい未来が失ったが目覚める異能。襲い来る敵。対峙。そして闇夜に消えてく。合間には、艶めかしさを感じさせる恋愛。主人公達の能力の目覚め。全体を通してあるダークな雰囲気。マジでこーゆーものが読みたかった!!て感じで自分のツボがガッツガッツ押された。

10. テスタメントシュピーゲル 3上下

今まで一番面白いライトノベル。今までで一番好きなライトノベル。そしてここまで好きな作品に今後出会うことができるのか!?って思わせるライトノベル冲方丁、最後のライトノベルは自分史上最高に面白いライトノベルでした。正直、面白さのピークはテスタメント2のすんごい絶望的な状況、フクザツに絡み合う戦況、それをもがく戦い抜くエピソードなのだけれども。シリーズ完結であるテスタメント3上は、主人公涼月がひたすら前を目指しそして仲間達が集結していくっていう勢いで物語が進み、対比するかのように下巻は静かに物語が閉じていった。それぞれの特甲児童達の因縁の決着、涼月とアゲハまわりの伏線の回収
は震えた。さらに特甲猟兵達の悲しい終わりやシリーズ通しての伏線の回収。絡み合ってた状況が静かに束ねられ一つ一つ静かに終わっていく。ラストの各特甲児童達のエピローグも鮮やかに終わりとても好き。超好き。大好き。最高のシリーズの最高の幕引きでした。リヒャルトトラクルはじめ敵側の勢力も魅力溢れていた。本当にありがとう。本当にありがとう、シュピーゲルシリーズ。最高でした。

以上、10作品になります。

今年は、正直全然読めなかったけれどもブギーポップシリーズにどハマるとかシュピーゲルシリーズ完結、合間にはグラスハートや暗闇にヤギを探してやナイトウォッチ等の過去作品に夢中になるとか、数は少ないけれども印象が強く残る作品はあった。逆に新作やシリーズ最新刊を追いかける頻度は減った。まぁ来年はどうなるか分からんけれどもライトノベルを全く読まないということは考えられないので。自分のペースで読んでけたらなと。そしてブログをやってけたらと。

ライトノベルのお話でした。
torune-netoru.hatenablog.com
torune-netoru.hatenablog.com

親しい君との見知らぬ記憶 読みました

親しい君との見知らぬ記憶 (ファミ通文庫)

親しい君との見知らぬ記憶 (ファミ通文庫)

微妙。正直滑り出しはかなりよかった。プロローグから第一章に入った時は、かなり期待もてる滑り出しで後半に入ると奇麗に物語が畳まれ終わった。

黒崎麻由、近すぎる彼らのとどちらも大変好きな作品で。かなり作家として信頼を持ってた作家だけに残念。しかも悲しい事にデビュー作の黒崎麻由の時よりも圧倒的に物語の構成が上手くなっているところが何とも言えない。上手くなっているのにあの頃の面白さが感じ取れない。

それは生っぽさと言えば良いのか、登場人物ひとりひとりの単なる日常が、それ自体が物語であるって言えば良いのか。なんつーかリアルっぽさを出して、日常を進めていく中に非現実的な事が乗っかっていくってゆーのが何とも。。。面白味が薄れているようにしか感じられない。ラストのオチも何というか自分達の日常の歩みそれ自体がドラマチックなのよねぇてのが、何というか。かんというか。うめえ事まとめやがってという割には。。。心に響かないのよねぇ。

物語自体の面白さはよくできた感じはするだけれども。。。ぶっちゃけ久遠侑が好きだから何かポジティブに持ってこうとしてるけど、もうちょい下手ではないけど自分と合わないと感じてる人だったらもっと印象は悪くなっていると思う。

面白いは面白い。

皇女の騎士 超面白かったです。

超面白かったです。自分の想像してた100倍面白かったです。すっげえ良かったです。こんなモンでしょくらいに読んでたら想像を遥かに面白かったんで、ちょい自分の事が恥ずかしくなったくらい。

いつもしてるんすが、以下ネタバレです。
何故今回は、ネタバレするって事前に言うと自分は想像してた100倍面白かったの部分にえぇーそうなんの!?って思ってたところもあるから。いつもネタバレするしないなんて、んなこたぁ気にしてるのなんてアホくさってスタンスなんすが。やっぱえぇーそうなんの!?ってなってしまったし負けたし。

つかネタバレ読むくらいなら買って読んだ方が良いですよー。面白いですよー、サイコーですよー、これって感覚。

自分が本作買った動機が作家買いで小説のタイトルも朧げで、かつあらすじを全く読まずに買ったのだけれども。まさか中世ファンタジーやってたらスペオペになってて、マジで!?となった。スターオーシャンかよ。テイルズからスターオーシャンかよ。いやテイルズでもそんなヤツあったか、エターニア。いやかなり丁寧に伏線忍ばしてたから読む人が読めゃすぐ気付くんだけれどもなんとなく敵国はすげえ文明進んでんのねーくらいに読んでたら、アレよアレよとスケールが大きくなっていく。かと思ったら戦う動機が大切な人や場所を守るため。みてえに小さい。小さい目的のために大きい事をする。

また全体的にロマンス溢れる恋愛描写があるんすけど、それに痺れるーって思ってたら親子の人情みてえのも挟むし。サイコー。

こう滅びた国でほのぼの宿屋を好きな人と営むかと思いきやスケールの大きい戦いをしだしたり、ハートフルを出してきたと思ったら、主人公やヒロインのハードな現実が逃避してても押し寄せてきたり。どんだけ色んな面白い事を丁寧にやろうとしてんのよって感じ。ハートフルや恋愛にふふふとしてたら、急にシリアスに胸を打つシーンがあったり。かと思ったら変態な生きてる鎧が物語を緩くしたりとか。ホントに達者だなぁ、おい!!って感じです。

少し気になった点は、少しご都合主義っちゅーか、登場人物の感情の移り変わりが物語のスピードに合わせてコロコロ進んでいって、こいつらなんか早いな。。。って思ったくらいで。けれどもそれを綺麗に月の彼方へぶっ放してどーでもいーやってさせてくれる面白さがあった。

超面白かったです。

いつかのレクイエム 読みました

この作者、恐らく初めてかな?と思うけど、ベテランらしさみてえな手堅さみてえなモノを感じた。

突飛な展開は無いけど、手堅く物語を進めて手堅く事件解決。年上の男の魔術師と女子高生陰陽師の現代異能バトル。そして探偵業。そういった設定をする上でビタッとハマる物語の進め方だったって印象。

面白かった。年上の男と女子高生のバディモノを読みたいなと思ってたイメージ通りの面白さがあった。

螺旋のエンペロイダー 1 読みました

登場人物がとにかく多くて、何度もキャラのイラストでの紹介を振り返りながら読んでた。こーゆー時、電子書籍は不便だな。

すっげえベタな異能バトルと学園??モノ。けれどもやっぱり好きだなぁ、上遠野浩平

序盤であまりにアッサリ死んだキャラ。突然過ぎるから後に何かあるのかな??てゆーかあのアッサリすぎる殺し方、クールっすねー。

けっこう他の作品だとイチャモンつけたくなるところが数点あったが。それを取り除く上遠野浩平。そして鮮やかなストーリー。好きです。

HJ文庫を私はまだ知らない

レーベルカラー出なく作品で語るモノなのかもしれない。けれども何となくのレーベルカラーって何となく共有されてる気がしないでもない。曖昧なのだ。曖昧でも良いのかもしれない。よく分からない。よく分からないといったらHJ文庫。というのも自分が良く読んでないから。よく分からないモノを語るのは危険が孕んでいるのかもしれない。けれどマジで何となく。何となくなんだけど尖ってる感じがある。尖ってると言えばガガガのモノかもしれないが、創刊当初の。けれど何となく自分の中ではHJ文庫のが尖ってるイメージを持ってる。

というのも金属バットの女やブルハメのイメージが強いのかもしれない。どちらも新人賞デビュー作だし。

金属バットの女 (HJ文庫)

金属バットの女 (HJ文庫)

金属バットの女は、けっこう渇いた雰囲気が好感持てるセカイ系って印象。ブルハメは単純につまらなかった。

後は、今年刊行されて話題になりそうでならなかった桜色のクオリアもその尖ってるイメージみてえのがあった。

コレも一巻まるまる無料ダウンロード(尖ってる!?)みてえな事をやって中々攻めた内容の印象があるけれども。なんつーかSFとして捉えてたのだけれども公式が人文って言ってるのと攻めてるけれどもそこまでかなぁ??と印象で1巻で挫折しちゃった。

後、トイジョイポップとかあんたなんかと付き合えるわけないじゃん!ムリ!ムリ!大好き! とかのイメージも尖りってイメージを強めてるのかなぁ。

TOY JOY POP (HJ文庫)

TOY JOY POP (HJ文庫)

どっちも尖りってイメージがある。トイジョイポップは全体的に面白かったけど、売春をやってるイマドキJKの描写がそれホントにイマドキ!?と疑問に思ってしまった。あんたなんかと付き合えるわけないじゃん!ムリ!ムリ!大好き! については、あまりにコメディパートが演劇っぽさがマジで無理だった。けれどもラスト後半の展開はマジでかとなったしこれも尖りを感じる一つになった。

なんか悪口というか失礼な事ばかり言ってんな。。。けれども何となく自分がそのHJ文庫に尖りを感じてるのもそこなのかもしれない。こう好きな人は、トコトンまでハマる鋭さ??みてえな。まぁ、ちょっと自分はその鋭さに耐えられてないだけなのかもしれんが。。。後、自分が読んだ作品も偏ってる感じがするし、上であげたのだけでHJ文庫のイメージ言うのも絶対に間違ってる気がする。。。

とりあえずインフィニットデンドログラムの続きを読もう!!単純に久々に純粋にワクワクしたラノベだったし!!1巻しか読んでないけど!!ムゲンダイの大冒険が待ってるぜ!!!!