ソルティライムシャーベット

小説とかライトノベルとか漫画とか邦楽とかの感想とか

皇女の騎士 超面白かったです。

超面白かったです。自分の想像してた100倍面白かったです。すっげえ良かったです。こんなモンでしょくらいに読んでたら想像を遥かに面白かったんで、ちょい自分の事が恥ずかしくなったくらい。

いつもしてるんすが、以下ネタバレです。
何故今回は、ネタバレするって事前に言うと自分は想像してた100倍面白かったの部分にえぇーそうなんの!?って思ってたところもあるから。いつもネタバレするしないなんて、んなこたぁ気にしてるのなんてアホくさってスタンスなんすが。やっぱえぇーそうなんの!?ってなってしまったし負けたし。

つかネタバレ読むくらいなら買って読んだ方が良いですよー。面白いですよー、サイコーですよー、これって感覚。

自分が本作買った動機が作家買いで小説のタイトルも朧げで、かつあらすじを全く読まずに買ったのだけれども。まさか中世ファンタジーやってたらスペオペになってて、マジで!?となった。スターオーシャンかよ。テイルズからスターオーシャンかよ。いやテイルズでもそんなヤツあったか、エターニア。いやかなり丁寧に伏線忍ばしてたから読む人が読めゃすぐ気付くんだけれどもなんとなく敵国はすげえ文明進んでんのねーくらいに読んでたら、アレよアレよとスケールが大きくなっていく。かと思ったら戦う動機が大切な人や場所を守るため。みてえに小さい。小さい目的のために大きい事をする。

また全体的にロマンス溢れる恋愛描写があるんすけど、それに痺れるーって思ってたら親子の人情みてえのも挟むし。サイコー。

こう滅びた国でほのぼの宿屋を好きな人と営むかと思いきやスケールの大きい戦いをしだしたり、ハートフルを出してきたと思ったら、主人公やヒロインのハードな現実が逃避してても押し寄せてきたり。どんだけ色んな面白い事を丁寧にやろうとしてんのよって感じ。ハートフルや恋愛にふふふとしてたら、急にシリアスに胸を打つシーンがあったり。かと思ったら変態な生きてる鎧が物語を緩くしたりとか。ホントに達者だなぁ、おい!!って感じです。

少し気になった点は、少しご都合主義っちゅーか、登場人物の感情の移り変わりが物語のスピードに合わせてコロコロ進んでいって、こいつらなんか早いな。。。って思ったくらいで。けれどもそれを綺麗に月の彼方へぶっ放してどーでもいーやってさせてくれる面白さがあった。

超面白かったです。

いつかのレクイエム 読みました

この作者、恐らく初めてかな?と思うけど、ベテランらしさみてえな手堅さみてえなモノを感じた。

突飛な展開は無いけど、手堅く物語を進めて手堅く事件解決。年上の男の魔術師と女子高生陰陽師の現代異能バトル。そして探偵業。そういった設定をする上でビタッとハマる物語の進め方だったって印象。

面白かった。年上の男と女子高生のバディモノを読みたいなと思ってたイメージ通りの面白さがあった。

螺旋のエンペロイダー 1 読みました

登場人物がとにかく多くて、何度もキャラのイラストでの紹介を振り返りながら読んでた。こーゆー時、電子書籍は不便だな。

すっげえベタな異能バトルと学園??モノ。けれどもやっぱり好きだなぁ、上遠野浩平

序盤であまりにアッサリ死んだキャラ。突然過ぎるから後に何かあるのかな??てゆーかあのアッサリすぎる殺し方、クールっすねー。

けっこう他の作品だとイチャモンつけたくなるところが数点あったが。それを取り除く上遠野浩平。そして鮮やかなストーリー。好きです。

HJ文庫を私はまだ知らない

レーベルカラー出なく作品で語るモノなのかもしれない。けれども何となくのレーベルカラーって何となく共有されてる気がしないでもない。曖昧なのだ。曖昧でも良いのかもしれない。よく分からない。よく分からないといったらHJ文庫。というのも自分が良く読んでないから。よく分からないモノを語るのは危険が孕んでいるのかもしれない。けれどマジで何となく。何となくなんだけど尖ってる感じがある。尖ってると言えばガガガのモノかもしれないが、創刊当初の。けれど何となく自分の中ではHJ文庫のが尖ってるイメージを持ってる。

というのも金属バットの女やブルハメのイメージが強いのかもしれない。どちらも新人賞デビュー作だし。

金属バットの女 (HJ文庫)

金属バットの女 (HJ文庫)

金属バットの女は、けっこう渇いた雰囲気が好感持てるセカイ系って印象。ブルハメは単純につまらなかった。

後は、今年刊行されて話題になりそうでならなかった桜色のクオリアもその尖ってるイメージみてえのがあった。

コレも一巻まるまる無料ダウンロード(尖ってる!?)みてえな事をやって中々攻めた内容の印象があるけれども。なんつーかSFとして捉えてたのだけれども公式が人文って言ってるのと攻めてるけれどもそこまでかなぁ??と印象で1巻で挫折しちゃった。

後、トイジョイポップとかあんたなんかと付き合えるわけないじゃん!ムリ!ムリ!大好き! とかのイメージも尖りってイメージを強めてるのかなぁ。

TOY JOY POP (HJ文庫)

TOY JOY POP (HJ文庫)

どっちも尖りってイメージがある。トイジョイポップは全体的に面白かったけど、売春をやってるイマドキJKの描写がそれホントにイマドキ!?と疑問に思ってしまった。あんたなんかと付き合えるわけないじゃん!ムリ!ムリ!大好き! については、あまりにコメディパートが演劇っぽさがマジで無理だった。けれどもラスト後半の展開はマジでかとなったしこれも尖りを感じる一つになった。

なんか悪口というか失礼な事ばかり言ってんな。。。けれども何となく自分がそのHJ文庫に尖りを感じてるのもそこなのかもしれない。こう好きな人は、トコトンまでハマる鋭さ??みてえな。まぁ、ちょっと自分はその鋭さに耐えられてないだけなのかもしれんが。。。後、自分が読んだ作品も偏ってる感じがするし、上であげたのだけでHJ文庫のイメージ言うのも絶対に間違ってる気がする。。。

とりあえずインフィニットデンドログラムの続きを読もう!!単純に久々に純粋にワクワクしたラノベだったし!!1巻しか読んでないけど!!ムゲンダイの大冒険が待ってるぜ!!!!

ライトノベルオブミュージック ボクらの音楽

暇つぶしがてらに書こうかと。

今回は、ラノベと音楽について雑に書いてこうかと。
※多分そんなん知っとるわくらいの温い内容になります。

きっかけとして、陰キャになりたい陽乃森さんがスーパーバタードッグのコミュニケーションブレイクダンスをイメージして作られたとの発言をTwitterで見て、少し印象が良くなったから。

陰キャになりたい陽乃森さん Step1 (電撃文庫)

陰キャになりたい陽乃森さん Step1 (電撃文庫)

私は、自身でも自覚してるんだが自分が好きな音楽が引用されたりすると、少しその作品に対してプラスに働く事がある。

まぁとは言ってもそれは時と場合によってで、各話のタイトルが曲からの引用でモテキはありだけど、星野、目をつぶってでは少しスカしすぎだろ??と思うときもある。まぁ完璧自分の尺度何スが。

モテキ(1) (イブニングコミックス)

モテキ(1) (イブニングコミックス)

まぁ全部はカバーできないし触りだけでもかいてこうかなと。ライトノベルと音楽っていう内容で。

作中で出てくる音楽

まぁ有名どころだとブギーポップは笑わないブギーポップ登場の時の口笛じゃないでしょうか。ワーグナーニュルンベルクのマイスタージンガー

正直、どーゆー音楽なの??と知らんでYouTubeで検索したらあぁ!?コレかよ!?コレを口笛でどうやって吹くのよ!?て感じでした。そんな私は過去のアニメは未視聴な人間です。ホントにアニメでも吹いてたの??

だけど私としては、どちらかというと馴染みがあるというかおっ!?と思ったのは歪曲王の時のレッドツェッペリンでした。

後、オタリアで主人公が好きな曲で神聖かまってちゃんを聴くシーンがあるのだけれども。その時は、おっ!?て感じよりもちょっとしゃらくせえというか何というか。べらんめえみてえなのが沸いてきましたね。


感覚で言うとスケットダンスでミュージシャンからキャラの名前を使ったり、学際でthe pillowsを演奏したりとか。ヨザクラカルテットでキャラ毎に好きな音楽を設けたりとか。を見たときと同じ感覚。おっ!?て思うのとべらんめえみてえなのも出てきた。話逸れるけど、いーよなーこの二作は好きなミュージシャンにアニメの曲をやってもらったり。。。

また作中でモンパチを演奏するシーンがあって、ひっさびさにモンパチを聴いたら懐かしさが込み上げた事もあったなぁと。

作中で音楽をやってる。

この枠組みの中では、やはりさよならピアノソナタが人気なんでしょうかね。

杉井光さんは、音楽を題材にしてる作品が多い。というか大抵は音楽が絡んでいるイメージ。けれどわたしゃ読んでないので、よう分からん。さよならピアノソナタも三巻読もうとしてダルくなって止めてしまったし。

後、ラノベの学際では何故か普段あまり音楽に関わってる描写が少ない割に仲間内でバンドを結成する作品が多いイメージがある。おめえら凄えなって感じ。有名どころだとやはりハルヒとかかなぁと。私は当時まとめサイトを熱心に巡回し、日々を無駄に生きてきた人間だから、その時スゲースゲーとギャーギャーネットで熱があったの。。。もう10年以上前か。。。。

涼宮ハルヒの動揺 (角川スニーカー文庫)

涼宮ハルヒの動揺 (角川スニーカー文庫)

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。〈6〉 (ガガガ文庫)

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。〈6〉 (ガガガ文庫)

またバンドがテーマのラノベも探しゃ出てくると思うけど、パッと思い浮かんだのが、ガガガの以下二作。

脱兎リベンジ (ガガガ文庫)

脱兎リベンジ (ガガガ文庫)

ひきこもり姫を歌わせたいっ! (ガガガ文庫)

ひきこもり姫を歌わせたいっ! (ガガガ文庫)

あーっ!!後、何で忘れてたのか音楽ラノベの超傑作グラスハートを忘れてた。超面白いので超絶オススメです。心が千切れそうになる。

後は、ファミ通でもバンドとか音楽がテーマのちらほらあったなぁと。やっぱり青春とバンドは良い組み合わせなのだと。

LOST -風のうたがきこえる- 上 (ファミ通文庫)

LOST -風のうたがきこえる- 上 (ファミ通文庫)

私も確かにオーケンにハマる暗い青春の時はあった。けれども前を向いて生きていかねばと。偏見かもしれんが、グミチョコを青春の支えにしてるヤツは今を全うに活きてるのだろうか。わたしゃちょい疲れ気味だが。

グミ・チョコレート・パイン パイン編 (角川文庫)

グミ・チョコレート・パイン パイン編 (角川文庫)

ロッキン・ホース・バレリーナ (角川文庫)

ロッキン・ホース・バレリーナ (角川文庫)

後は、音楽の技術とかの知識皆無な自分は、ベースはバンドの屋台骨なんだ!!とかあのアイドルはハモってないんだ!!みてえなのを作中で言われるとちょい冷めてしまう。私も知識は無いけど。そのレベルなら知ってるよって。。。

リンドウにさよならを (ファミ通文庫)

リンドウにさよならを (ファミ通文庫)

後は、頻度は低いけどアイドルモノのラノベもあるけど、あっしが読んだのはメロリリのみ。

章タイトルが曲名

上でも書いたモテキや星野、目をつぶってと同じ方式。モロそれだったのが絶深海のソラリスだった。バクホンTMGE、ランクヘッドからの引用はかなりニヤニヤしてしまった。かなり音楽の趣味合うなぁと。続きはでないものかな。

絶深海のソラリスII (MF文庫J)

絶深海のソラリスII (MF文庫J)

確証は無いのだが、暗闇にヤギを探しては全体的にオザケンぽさを感じるんだよなぁ。絶対、作者オザケン好きだと思うんだよなぁ。

そーいやバンドのイメージが強かったけど、吹奏楽もあるよねと。

きんいろカルテット! 1 (オーバーラップ文庫)

きんいろカルテット! 1 (オーバーラップ文庫)

ボカロ小説

一時期、はやってたしけっこう刊行されてた印象があったのですが、最近はあまり目にしないイメージ。というかボカロ小説に対して、何かよく分からん偏見を持ってたのか全然手に取らなかった自分が何かしらを書く資格は無し。


ミュージシャンでもある作家確かいたよなぁと記憶の薄らしたとこにあるが、ホントに薄らなので。わざわざ記憶を呼び起こしたり検索するのもめんどうなので止めとこう。

暇は潰れたので後は去るのみです。ライトノベルのお話でした。

青春恋愛あるいはラブコメラノベ2017年振り返り

去年もやったしザクッと振り返っていきたいと思います。今年は読書量も激減してるので全然チェックは出来てないということもあり簡単に。

まず今年も青春恋愛枠は、やはりファミ通は外す事は出来ないかなと。デビュー作であるリンドウにさよならをは中々良かった。けっこうベタに清酒恋愛を読みたいという方は読んでみて悪かないと思います。まぁベースはバンドの屋台骨であるみてえな話をされた時は、イラッときたが

リンドウにさよならを (ファミ通文庫)

リンドウにさよならを (ファミ通文庫)

ファミ通と言ったら今年はレーベル内レーベルのファミ通ネクストを刊行したことは外せない。ファミ通としても清酒恋愛モノを外せないという考えからなのだろうか。一読者である自分としては、引き続き頑張って欲しいところ。特に比嘉智康カムバックの新作は、傑作なので超絶オススメです。

後は、ガガガの俺ガイル2年ぶりくらいの刊行、そして完結まで残り2巻との報。そしてガガガの去年からの青春モノの期待できるニューカマー弱キャラ友崎くんの好調ぶり。新旧のガガガの青春モノ。これも来年もわたしゃ気になります。

ガガガと言ったら、今年の新人賞受賞の平浦ファミリズムもとても良かった。エンタメとしてめちゃんこ面白く、ガガガっぽい青春のかほりもこれまた良い。非常にオススメですね。

平浦ファミリズム (ガガガ文庫)

平浦ファミリズム (ガガガ文庫)

ガガガ繋がりで、細音さんのほま高登山部ダイアリーも。この作者さんは、ファンタジーのイメージが強かったから少し意外だった。明るく気持ちがどことなくほっこりする部活モノ。後は、石川博品新作も清酒恋愛のカテゴリじゃねえかも??いやコレは一人の悲しいラノベ作家の残酷でかつ、優しい物語。そーゆー青春があったて良いとは思うし。

ほま高登山部ダイアリー (ガガガ文庫)

ほま高登山部ダイアリー (ガガガ文庫)

後、フロントライン大賞受賞作家の同時刊行てのもあったな。どちらも何というか地力がありそうな面白さがあるからも少し見届けたいからとりあえず続き書いてと。


ゼロ年代というものをよく知らないし、別に知りたくないから断定的には言わないけど、パンツあたためますかやハードボイルドスクールデイズは少し干支が一周回ったくらいの懐かしさがある暗い青春モノで私は、好みでした。

パンツあたためますか? (角川スニーカー文庫)

パンツあたためますか? (角川スニーカー文庫)

ハードボイルド・スクールデイズ 織原ミツキと田中マンキー (Novel 0)

ハードボイルド・スクールデイズ 織原ミツキと田中マンキー (Novel 0)

後、かりゆしブルーブルーとかも後半のシリアスへの落差は良い青春モノだったかなと。

カクヨム発の作品について、自分が読んだ中では年間ベスト級に面白い傑作ばかりだった。正直、カクヨムで書いてた作家は才能の塊が集ってんじゃないかとロクハルやひとりぼっちのソユーズを読んでマジで思った。どちらもマジで面白いです。マジで面白いのです。超絶オススメです。

君に恋をするなんて、あり得ないはずだった。クラスでイケてる女子と冴えない男子の恋愛モノ。これもまぁど真ん中というかまぁベタな恋愛モノ。売り上げも好調らしい。

講談社ラノベ文庫も読んでる冊数は少ないので何とも言えんが、去年読んでめちゃんこ素晴らしかった友達いらない同盟の続編。この生っぽさある会話劇の気だるげなヤツらの清酒恋愛、たまらん。今年デビューの自殺には向かない季節も少しスレた尖ったループアンド青春でありでした。

暇人同盟 友達いらない同盟2 (講談社ラノベ文庫)

暇人同盟 友達いらない同盟2 (講談社ラノベ文庫)

鷺宮さん名前は少し前から知ってたけど、今年初めて読んだ。清酒恋愛モノはとても面白かった。ラブコメのは少し合わんかった。

読者と主人公と二人のこれから (電撃文庫)

読者と主人公と二人のこれから (電撃文庫)

後は、電撃大賞受賞作、注目ポイントはラストの長台詞の君は月夜に光り輝く。モノクロの君に恋をするなども良かった。もう作家買いするレベルの信頼感ある作家、持崎湯葉の新作なども記憶に残ってる。

モノクロの君に恋をする (新潮文庫nex)

モノクロの君に恋をする (新潮文庫nex)

後は、今年アニメ化された妹さえいればいいやゲーマーズ!も相変わらず面白かった。特にゲーマーズ!はBサイドつーか、あんだけ本編ややこしいのに裏側でもややこしいのにすんかよと期待は大きい。

自分は青春恋愛モノのラノベが好きだけど、青春恋愛モノ全部が好きなわけではない。当たり前だが。けっこう最初は期待して買ったけど、読んでてしっくりこねえなって作品をちらほら読んで、そんな当たり前を再確認した。

君と夏と、約束と。 (GA文庫)

君と夏と、約束と。 (GA文庫)

ワキヤくんの主役理論 (MF文庫J)

ワキヤくんの主役理論 (MF文庫J)

追伸 ソラゴトに微笑んだ君へ (ファンタジア文庫)

追伸 ソラゴトに微笑んだ君へ (ファンタジア文庫)

以上!!

取りこぼしはあっただろうが、こんなもんで。来年もまぁ青春恋愛モノは読んできます!今年ラストの青春恋愛モノはファミ通の次世代青春恋愛モノの柱になると思ってる久遠侑の新作が最後になると思う。後は、17年通年10選と下半期新作10選書いて今年は多分終わるかと。さようなら。ライトノベルのお話でした。
torune-netoru.hatenablog.com

このテーマの組み合わせって意外とマッチしてるなっていうライトノベル

ちょっと簡単に自分の考え整理がてらまとめていこうかと。

自分的には、このテーマとこのテーマの組み合わせってあまり目にしないし読んでみたら意外とマッチしてるんじゃね??ってのを2つのテーマをまとめとこうと。もしかしたら実は良くあるテーマだったのかもしれんが、まぁそこんとこは知らんし自分の中では珍しいなと。

かなり雑の雑雑foreverな内容になるだろうけど、許してとは言わないけど生暖かく読んで頂ければ。できれば、ラノベについて豪の者は自分の面白引き出しから何かしらご教示頂いたらわたしゃ得します。と守りの前置きをしときます。

①ロケット × 青春

最近、ひとりぼっちのソユーズを読んでて、まぁべらぼうに面白かったんすよ。宇宙飛行士っていう狭い枠組みハードルが高いモノに挑む少年少女の青春てグッとくるなぁ、眩しいなぁと。その葛藤も素晴らしい。

また昨年刊行された月とライカと吸血姫も宇宙飛行士って題材と青春が良い感じのロマンスだったなぁと。まぁ、個人的にはあまりにも作者がお話作りが達者過ぎて、めちゃくちゃ面白いけど心にグッとは来なかったが、それを抜いてもべらぼうに面白い作品であったし。このラノでも上位とのことみたいらしいし。

個人的には、ロケットと青春をかけてる作品はあまり見ないけど、マッチしてるなぁと。
後、未読であるが思いついたモノとしては、ロケットガール

ロケットはロケットでもペットボトルロケットのほうかごのロケッティアも良かった記憶。読んだの5年くらい前なので記憶薄いが。。。

ほうかごのロケッティア (ガガガ文庫)

ほうかごのロケッティア (ガガガ文庫)

まぁロケットっていう縛りにすると少ないかもしれんが、SFと青春って広くみたらまだまだ傑作はあんだろなと。思いつかんが。

②JK x 異世界

コッチはどうなんすかね??なろうを始めとするweb媒体の作品に疎いというのもあるんすが、割かし珍しい組み合わせかなぁと。女子高生くらいの年齢の少女が異世界に行くっていうより、JKが異世界に行く作品。ニュアンスよ伝われ。

最近読んだJKハルは異世界で娼婦になったは非常に良かった。エロとか異世界とか他のなろうとは違うガッハッハとかいやいやちゃんとお約束してるじゃんスンスンスンとかあるのだろうけど、わたしゃハルのJKロッケンロール節が相当痺れましたね。

JKハルは異世界で娼婦になった (早川書房)

JKハルは異世界で娼婦になった (早川書房)

同じく黒ギャルが異世界に転生してダークエルフと勘違いされましたも良かった。こっちは後半まで読み進めるとかなり熱いファンタジーになって、そのギャップが良かった。


まぁ思いつくのが上の二作品なのだけれども。JK x 異世界が奇抜!!他と違うというより、JKってのをキャラ付けした主人公のポップさと異世界の過酷さみてえなんが良い感じでマッチしてるなぁと。どちらの作品もJKが主人公であるが、ワカモノ感ある子がファンタジー世界でどのようにやっていくのか??と違う描き方をしてるが、どちらも面白かった。


以上、こちらは終わります。そちらはどうぞはじめちゃってください。

ライトノベルのお話でした。